VERCICOLOR

色変わりする日々の備忘録

Entries

文楽デビュー

人生初の人形浄瑠璃文楽鑑賞です。
国立劇場小劇場での
竹本綱太夫五十回忌追善
六代目 竹本織太夫襲名披露
第3部の「女殺油地獄」を観てきました。

歌舞伎では完全に脇役としてしか聞いていなかった太夫の語りが、ストレートに耳に入ってきます。
環境によってこんなに集中して聞くことができるのかと、驚き。
迫真の語りに思わず引き込まれます。

人形の動きは驚くほど精巧。
油で滑る様子などは、人間よりも激しく動きます。
(歌舞伎では笑いが起きてましたもんね)
でも、何故か遣い手さんの顔をついつい見てしまうワタクシ。

小道具とか、なんか可愛くって良いですね。
昔の人形遊びを思い出します。

凄惨な話でしたが、人形だから安心して見られるって部分もありますね。
最初に見る演目としては飽きずに眠らずに観ることができて良かったです。
そのうちどなたの何が…っていうのがわかるようになるといいんですけど。

▼本日の着物
*CommentList

親戚懇親会

母方の親戚の懇親会がありました。

以前、祖母の白寿のお祝いで集まって以来15年ぶりくらいでしょうか。
母が他界したのをきっかけに、また集まる事になりました。

201802132206473b9.jpeg 20180213220642336.jpeg

場所は横浜中華街の狀元楼。
24名、9家族が出席。母の世代を筆頭に、孫までの3世代。
4世代目もおりますが、今回は欠席。

母は4姉妹の3番目。
姉妹が仲良く、私が幼少の頃からよく行き来していたので、今も皆仲良し。
ちゃん付けで呼び合っています。

昔懐かしい写真を出し合って、プロジェクターでスライドショーを見て盛り上がったり、
系図をさかのぼって調べてくれたり。
母は浜松出身なのですが、ひいおじいさんは、浜名湖畔にある入出村の村長さんだったそうです。
今は湖西市となっている場所ですが。
写真はひいおじいさんが書いた入出村読本。
村の人々はこうあるべきと書いた教育書。
昔は厳格だったのですね〜。
方言も下品だから標準語にしましょうなんて書かれています。

20180213221006eef.jpeg

さらにさらに遡っていくと、名古屋辺り出身の先祖もおりました。
初めて知った〜!

長野に住んでいる親戚もいるので、次回は長野で会いましょう!という事で、散会。
皆、変わらず元気でいてもらいたいな〜。

20180213223129383.jpeg



▼本日の着物
*CommentList

モフモフBIRTHDAY

母が飼っていたワンコ、モフモフを引き取って8ヶ月。
2/9は14歳の誕生日でした。
まさか私が犬の誕生日を祝う事になるとは思わなかったんですけどね〜。

一度、やってみたかったんです。
犬のケーキ。

20180213213046cf5.jpeg 20180213213052512.jpeg

美味しそうに食べてくれました。
一体どんな味なんでしょうね。

そして、人間も便乗。笑

20180213213038f07.jpeg

人間でいうと72、3歳でしょうか。
3種の薬を飲んだり、アゴのオデキがどんどん大きくなって出血騒ぎを起こしたり…
1日のうちほとんど寝ています。
ずーっと人の足元にまとわりついて、ちょっと離れるとキュンキュン言って、なかなか厄介ではあるけれど、
まだまだ元気で長生きしてほしい。

義母三回忌法要

2月8日に亡くなった義母の三回忌でした。

一昨年のその日は梅が満開だったのに、今年はどうしたんでしょう。
立春というのに、まだまだ。
それでも晴天の今日、お寺でお経をあげていただき、家族で食事に。
お墓は遠いので、また後日、暖かくなったら改めて、という事で。

義母の好きだったお店
201802041756598fb.jpeg

最後に外食したのは近所のお蕎麦屋さんで、とんかつ定食だったそうです。
お寿司も大トロが好みだったとか。
家族には油物は控えるようにと厳しかった義母ですが、意外と肉食系だったみたい。
▼本日の着物
*CommentList

銀盌裡盛雪

茶の稽古

銀色の盌の中に雪があると、一見同じに見えるが、そこには違う物がある。
異質な物、多様な人たちが集まる場所でも、ひとつとなる事ができると良い。
お稽古場然り。

お花は広間が梅と初嵐。
小間がミツマタとヤブツバキ。

節分のお豆とヒイラギも。

20180203193015ffe.jpeg 201802031930208ba.jpeg
▼本日の着物

パーティー

今日は家族で焼肉。
地元の名店、辛辛屋さん。
今日のホルモン3種盛りには大動脈が!
珍しい〜なんて思って写真を友人に送ったりしていたら…
201801281048520f5.jpeg

インスタにどなたかがパーティーの様子を動画にアップ。
あれ?これ、私が行く予定のパーティー?
明日行くはずだったのに???
「何間違えてるの?!今から行っておいでよ〜」
(お金払ったんでしょう、もったいない!)
と、家族に背中を押されて、速攻で家に帰り着替えて、パーティー会場に。
なんとか最後の数十分、参加できました。

201801281048506ab.jpeg 20180128114728bf9.jpeg

店主と同郷の元ちとせさんのお歌や抽選会を楽しんで、
お友達にも会えたし、皆様の素晴らしい装いに眼福。
お土産に、出版されたDVD付き着物本と、松崎煎餅をいただいて。
家族に見せたら「行って良かったね」と、喜ばれました。

こちらとは細くて長ーいお付き合い。
まだ一丁目にある頃、初めて色無地を染めていただきました。
それが本日の着物。
当時、4丁目にお店を出すのが夢と仰っていましたが、その夢が叶ってもう15年にもなるのですね。
本当におめでとうございます。
▼本日の着物
*CommentList

新春浅草歌舞伎

やっと行かれました。新春浅草歌舞伎!
これに行かなきゃ年が明けない!
今年は私的に最強の布陣。
満を持して、昼夜通しの観劇です。

20180126225813ab5.jpeg

一、義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)

鳥居前
佐藤忠信実は源九郎狐 隼人
源義経 種之助
静御前 梅丸
逸見藤太 巳之助
武蔵坊弁慶 歌昇

真山青果 作
真山美保 演出
二、元禄忠臣蔵(げんろくちゅうしんぐら)

徳川綱豊卿 松也
富森助右衛門 巳之助
御祐筆江島 新吾
中臈お喜世 米吉
上臈浦尾 歌女
皆、お芝居は頑張っていたのですが、なんせ真山青果は私には向かないようで。苦笑

ここで休憩。
浅草寺にお参りに。
今まで凶しか引いた事がなかったおみくじ、今年は初めての吉。
ここまでくると凶でなかったのがちょっと残念。笑
2018012622575603a.jpeg


操り三番叟(あやつりさんばそう)

三番叟 種之助
千歳 隼人
後見 梅丸
翁 錦之助

双蝶々曲輪日記
二、引窓(ひきまど)

南与兵衛後に南方十次兵衛 歌昇
女房お早 米吉
平岡丹平 巳之助
三原伝造 隼人
母お幸 歌女之丞
濡髪長五郎 松也

銘作左小刀
三、京人形(きょうにんぎょう)

彫物師甚五郎 巳之助
京人形の精 新吾
娘おみつ実は義照妹井筒姫 梅丸
女房おとく 種之助
奴照平 歌昇
舞踊の2演目が良かったです。
たねちゃんは色々な分野で頑張っていて賴もしく、本当に今後が楽しみ。
みっくんが舞台に出ると、舞台が元気になります。
喜怒哀楽がはっきりしてて見ていて楽しい。


終演後は麻鳥で、季節限定の牡蠣釜飯。
仲見世通りは閉まっていましたが、龜十さんはかろうじて開いており、並ばずにどら焼きゲット。
満足の浅草でした。

201801262258108f1.jpeg 20180126225812b62.jpeg
▼本日の着物

菊地信子コレクション

シルクラブさんで開催中の「菊地信子コレクション」へ。

菊地さんが遺された、世界中の更紗や古裂で作られた着物・帯・小物など、約100点が展示されている。
更紗on更紗など、自由な発想と、独自の審美眼には感嘆。
24日まで。

201801202251370fd.jpeg 20180120225145005.jpeg


展示物のみでなく、普段お召しになっていた着物や帯を、受け継いでくれる人達に破格で販売。
ちょっとした宝の山にしばし興奮状態。

同時開催で、気仙沼のたかはしきもの工房の女将、高橋和江さんによる悉皆のお話。
自分でできるお手入れ、頼んだ方がいいお手入れなどについて。
また、自社製品をお持ちになったので、直に触れて試せるのは嬉しい。
汗を吸い取る機能と補正もできてしまう襦袢と裾よけを購入。
こちらは本日で終了。
▼本日の着物
*CommentList

無量寿

お茶の初稽古

201801202251416be.jpeg 201801202251465a3.jpeg

お軸は「無量寿」

広間の花 蝋梅に曙
小間の花 トサミズキ?に侘助

お稽古は寿棚(八角=四角扱い)
茶入荘り・大海等

壽 初春大歌舞伎 夜の部

201801172321591d5.jpeg


やっと今年の初歌舞伎。
まずは高麗屋さん三代襲名披露公演から。

・双蝶々曲輪日記 角力場
・口上
・勧進帳
・相生獅子・三人形

いや〜新染ちゃんの美しさに釘付けです。
趣向の華の時はただのボーっとした子って感じだったのですが、
数年経ってここまで色気が出るとは。。。
末恐ろしや。

口上、相変わらず左團次さん、とばしてます。笑

▼本日の着物
*CommentList

工房始動

今年最初の工房仕事。

絹糸をコチニールで染めました。
コチニールとは、虫からとった色素です。
食品などにも使われているんですよ。
以前スタバのストロベリーフラペチーノに使われていましたが、
気持ち悪ーいと言う人がいて、使うのをやめたそうです。

201801141842482fe.jpeg20180114184247486.jpeg

媒染前と媒染後。
染液のみで染めると淡い桜色ですが、
アルミ媒染後に染液に入れると、劇的に色が濃くなります。

さすがにこのままで使うわけではありませんが。。。

初釜茶会

今年もコミュニティクラブたまがわにて、初釜茶会が開かれました。
昨年濃茶席を担当したので、今年はお役ご免。
客として参加。
それぞれの趣向をこらしたお席を楽しく回らせていただきました。

屋上にある玉川居の広間にて、濃茶席。
I駒先生のクラス担当。

20180109205504b18.jpeg

4階の教室にて、立礼の薄茶席。
I川先生のクラス担当。
20180109205506e5c.jpeg

同じく4階で香煎席。
H中先生のクラス担当。
20180109205501b08.jpeg

今回で初釜茶会も15回目だそうです。
そのうち5回くらいはお席を担当したでしょうか。
不思議と点心席は担当した事がないわ。
▼本日の着物

実家にて

実家の弟家族と新年会。
近所のイタリアンでランチをいただいた後、家で花びら餅とお抹茶。
母の冷蔵庫に入っていたお抹茶は去年のもの。
来年は新しいのを買ってこよう。

母がいないから、もう新年に集まらなくてもいいよね、と最初に弟に言われた時は寂しかったが、
そんな私の気持ちに気付いたのか、ちゃんと呼んでくれた。
母がいてもいなくても、やはり実家は実家。
でも、一番喜んだのは娘かな。
お年玉もらえるものね。

年末モロッコ〜スペインに行っていたおとうとのお土産はマロングラッセ。
義妹の実家からは釣果のカツオとヨコワをいただいた。
ヨコワは関東ではメジというが、クロマグロの子供。
捕獲量が制限されている、貴重な魚。

20180109231622d82.jpeg 201801092316305e3.jpeg
▼本日の着物

美の壺スペシャル

・女性が美しいもの、夢であった憧れのものを着たいというのはいつの世も当然。

・明治の変換が女性を自由にしていき、個性が芽生える。
帯を巻いて大人しそうであっても、密かに心の中で培われていくDNA。

そんなお話しをなさりながらお茶目に笑う笹島先生。

着物でもっと自由に自分を表現していいのよ!と、背中を押されているよう。

そして、着付ける姿はいつもながらカッコ良く、

矢の字結び、最高に素敵でした!!

20180106002919810.jpeg 2018010600292310b.jpeg 20180106002925da0.jpeg
*CommentList

2018元旦

いつも見てくださる皆様、ありがとうございます。
喪中なので新年のご挨拶は控えさせていただきますが、
皆様におかれましてはこの一年も幸多い年となりますように!

元旦の食卓も控えめに。
(決して手を抜いているわけでは…)
201801012119051d8.jpeg20180101211904f5c.jpeg

夜は恒例の食事会。
嫁仕事、頑張りましたよ。

それでは皆様、今年もお付き合いのほどよろしくお願い申し上げます。
▼本日の着物
*CommentList

instagram

実はこの一年、instagram をやっておりました。
といっても、ここにアップした着物の写真をそのままアップしただけなんですが。
着物の写真だけまとめて振り返ることができるようにと思いまして。
#をつけておけば、行く先別、月別、アイテム別などといった区分けもできるので便利。

今年のベスト9はこんな感じでした。(いただいた♡が多かった順)

20171230222522c2f.jpeg

いただいた着物などが一気に増えてしまったので、整理する目的もあったのですが、
やはり自分で選んだ物がほとんどですね。
とはいえ、これが自分らしいものだ!というのもまだまだ見えてこない気がします。
来年はその辺も意識しつつ、
でも、自分らしくない物もいかに活かしていくか挑戦しつつ、
着続けていこうと思います。
▼本日の着物
*CommentList

第九

東京オペラシティーコンサートホールにて
仙台フィルと読響の合同オケによる
小中高校生の為の「第九」
東日本大震災復興支援プロジェクトチャリティーコンサート
ソリスト
澤江衣里・鳥木弥生・藤田卓也・小森輝彦
合唱は東京混成合唱団と娘の大学の合唱団

というわけで、娘が出るので行ってまいりました。

大学の授業の一環で、毎年色々なイベントに参加させていただいておりましたが、
第九は今年が初めて。
在学中に舞台に乗れて本当に良かったです。
壮大なメロディはやはり感動もの!
合唱団が最後引けるまで、拍手が鳴り止みませんでした。
▼本日の着物

梅の由兵衛

今年の歌舞伎納めは播磨屋で。

国立劇場
・今様三番三
・隅田春妓女容性

▼本日の着物
*CommentList

歳月不待人

12月16日広間 (480x640)

稽古は硯屏点前。

12月16日小間1 (480x640)  12月16日小間2 (480x640)


差し入れは清寿軒のどらやき
12月16日差し入れ (640x480)
▼本日の着物

荒木節子さん

染色家の荒木節子さんの個展へ。

結城などの紬地に、糊を入れた染料で、まるでシルクスクリーンのように彩色した作品。
型絵であったり、マスキングしたり…
重なり合った色の妙を楽しむ。

今回の展示は「into the woods」と題し、
まるで帯の森に入り込んだよう。
いつまでも迷い込んでいた世界でした。

20171213170804544.jpeg 201712131708011f9.jpeg 20171213170757258.jpeg

白金にある東京妙案ギャラリーにて
12/17まで。
▼本日の着物

Menu

プロフィール

lapislazuli

Author:lapislazuli
着物・染織・歌舞伎・音楽・茶道・美味しいもの・・・

最近の記事

月別アーカイブ

検索フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: