FC2ブログ

VERCICOLOR

one

リモート着物女子会

着物友と、リモート女子会。元々遠方で、SNS上でしかお付き合いのなかった方と、「会いたいね〜」と言っていたら、他のお仲間がセッティングしてくださいました。東京から2名、長野1名、大阪1名の参加。今回のツールはSkypeです。4分割画面をスクショ。暈して隠しておりますが、溢れる笑顔は隠しきれない!中には自粛期間からずっとお着物を着ていなかった方も。これを機会に着ることができて気分もアップ。こんなに簡単に繋がれる...

 0
one

千駄木

着物友と一緒に千駄木へ。「乃池」の開店に間に合う時間に到着。少し早めだったので、斜向かいの「ひらい履物店」を覗く。竹皮草履を久しぶりに求める。草履のかかとキットはWEBでしか扱っていないのだった。気になる下駄が二つほど。一つは塗りの赤い下駄。緑や紺もあったそう。これが最後だとか。もう作らないのですか?と聞いたら、「気が向いたら」というお返事。もう一つは柾の小町。粋な赤い縞の鼻緒。こちらは裏にゴムは貼...

 0
one

利休バッグ

お友達が小千谷縮の端裂を送ってくださったので、半分は紺とこげ茶に染めて、帯揚としてお返ししました。残りは下さると言うので、茶色の帯揚を一枚取って、残りはバッグに仕立ててもらいました。以前自作の布でバッグを作ってもらった会社。大阪の「藤龍」さんです。カタログの中からデザインを選んで、布を送ればオッケー。1ヶ月もしないうちに仕上がってきました。早っ!夏に間に合ったのは嬉しいのですが、果たして夏の着物、...

 0
one

きもの展 後期

さて、その足で上野へ。東博特別展「きもの KIMONO」後期を見てきました。本館から入って平成館へ。本館の正面階段は「お・し・ま・い Death」の舞台。今回は友人と一緒だったので、帰りに軽くお茶してお喋り。雨の予報でしたが、館内にいる間に降ったのか、外はムーっと湿気がすごかったですが、気温は少し下がったのかな?猛暑日でしたが、なんとか無事に帰宅できました。本日の着物立秋を過ぎるとなんとなく白いものを着るの...

 2
one

浴衣

自粛中に仕立てをお願いしていたコーマ地の浴衣が出来上がりました。オーソドックスに赤い博多の半幅で。寝巻きに見えなければいいのですが。...

 0
one

「きものKIMONO 」

東博 平成館 特別展 「きものKIMONO 」へ。香子さんからいただいたチケットをありがたく使わせていただきました。ありがとう〜🙇🏻‍♀️古くは鎌倉〜室町時代、小袖が下着だったところから序章が始まり豊臣政権の鮮やかで豪壮なデザイン徳川政権のシックな色調浮世を生きる退廃の美無地場を生かした大胆な小袖模様伊達を競う豪商の女性たち贅沢を禁止されて生まれた友禅染光琳模様の流行ミニマリズムいきの美一方で贅美を尽くす豪商...

 2
one

柳晋哉 織物展

織りのお仲間から、銀座 新井画廊で開催中の「柳晋哉 織物展」にお誘いいただきました。晋哉さんは、柳宗悦さんの甥である柳悦博さんのお孫さん。お父様の崇さんと共に制作に励んでいらっしゃいます。個展は今回が初めてだそう。柳家の作風に都会的なセンスがキラリと光る素敵な作品はとても好み。私的には買ってはいけないジャンルなのですが(買わずに織りなさい)思わず欲しくなる。その気持ちを織らなきゃ!という気持ちに変換...

 0
one

バーター計画

インスタで仲良くしてくださっている方からお誘いいただき、初めてお目にかかりました。その方は日本刺繍をなさっていて、私の織り帯とバーター(交換)しようというご提案です。場所は渋谷のエクセル東急ホテル25階。窓に向かって横並びのお席が用意されておりました。初めてとは思えないほど打ち解けて、ソーシャルディスタンスもうっかり忘れるほど。自粛中にお誕生日を迎えられていたので、サプライズでお花のプレゼント。またす...

 0
one

浴衣

自粛中に頼んであった仕立てが出来上がってきました。片貝木綿と綿絽。片貝木綿はもうすでに暑くて袖を通すのがやっと。汗をかくので着るのを断念。綿絽はかろうじて着ましたが、汗💦それでも洗えると思うと気も楽です。古典柄のいかにも浴衣な感じが、おウチ着物にピッタリで良い感じ。まだある反物、また仕立てようかな。気に入った綿コーマの白地に紺の柄の反物が黄色いシミだらけだったので、今日は風呂に湯を張ってオキシ漬け...

 2
one

着付けの自主練と喫茶コーナー その4

銀座結びと 関西巻きの自主練。笹島先生の「帯巻きゴムベルト」を使ってみました。 逆巻きはさほど大変じゃないのですが、銀座結びがイマイチわからない。先生は結ぶけれど、結ばないでねじる方法があるのですね。ねじり方も様々。you tube先生の中から一番自分に合う方法を見つけよう。お茶の自主練では、美濃忠から取り寄せた「初かつを」と共にお薄を一服。...

 2
one

反物

反物も整理したいのだが、仕立てるのか、仕立てなければどう使えばいいのか悩ましい。片貝木綿と綿絽。おウチ着物にいいかな。これからもお篭り生活が続くなら、おウチ用に仕立ててみてもいいかも?こんな足袋を合わせて。...

 2
one

花の単衣

今日も箪笥の中から着たことのない着物を出して着てみる。ドットが可愛いと思って広げてみたら花だらけ。自作の花の帯留を合わせて。躑躅も終わって庭に花がないので、コンテナを作ってみた。...

 0
one

箪笥の整理

色々と着ない着物やら使えない帯やら、出してみてはどうしよう?と考え中。こちらの帯は母方の祖父がどなたか画家さんに頼んで描いてもらったもの。大胆な配色とデザインが気に入って捨てられずにいるのですが、地の繻子がボロボロで締められません。これは直せないよね💦着物は父方の祖母が母の為に縫ったウールの着物。これも着ないけど捨てられないわ。母が着た写真がありました。ええ嫁や。...

 0
one

ギャラリーしあん

さて、娘とは別れて新御徒町へ。香子さんと待ち合わせてギャラリーしあんの「近江新之助上布とその仲間たち」展へ。お久しぶりの香子さんですが、ブログではいつもお馴染みなので全然そんな気がしません。笑 ギャラリーしあんさんは素敵な佇まいの古い日本家屋。様々なイベントをなさってきたそうですが、この度解体されてマンションになってしまうそうなんです。残念!最後に拝見できて良かった。近江の新之助上布は初めて拝見。...

 3
one

日本料理「子孫」

兵庫の着物友達を訪ねて甲陽園にある日本料理店「子孫」へ。こちらはミシュラン三つ星の名店。ランチならお手頃価格で懐石をいただける。    お土産も充実。コンフィチュール作りは流行中。全員の着姿。打ち合わせしていないのに、期せずして全員桜コーデ🌸着物談義は尽きない。  本日の着物...

 0
one

「ー岩井香楠子染色展ー着物は究極のロングドレス」

4年ぶりの作品展。前回よりもバラエティに富んだ印象。まずは地の布。宮古上布、花織、地模様のある縮緬、結城のストール、金糸の入った布…様々な布が使われていて、染色により深みを見せてくれる。中には長い事お手元で寝かしていた物もあったそう。モチーフになるのはご自身の庭にある草花だったり、旅の思い出だったり。庭をデッサンしていて、ふと海外のある土地を思い浮かべてタイトルになさる事も。黄色や緑、紫、ピンク、明...

 2
one

「遊びをせんとや生まれけむ」展

横浜そごうでの樹木希林さんの展覧会。最終日に滑り込み。別冊太陽「樹木希林のきもの」に載っていた着物の数々、いや、それよりもっと多くの着物が並ぶ着物部屋。撮影オッケーでしたので、夢中で撮ってきた。アルファベットのUchidaを紋にしたり派手な着物に紗をかけて紗合わせにしたり帯と同じ布で衽に比翼をつけたり八掛と帯をお揃いにしたり女優としての外連味はあるものの、アイデアとしては使えそうな面白いものばかり。もち...

 2
one

今年のベスト9

昨日で今年の着物は着納め。2019年のベスト9はこんな感じだそうです。(Instagramでいいねが多かった順)見てくださった方々、本当にありがとうございました。(と、過疎ってるここで言ってみる)...

 0
one

木挽町広場

黒田商店さん出店との事で、伺う。しばらく使っていなかった銀色の台。鼻緒を挿げ替えれば使うかと。そしてもう一足は誉田屋さんの草履。ここだけの話ですが、鼻緒が柔らかすぎて履き難かった。ついでに言うと、柔らかい台もわたしは苦手なのですが。写真はいずれアップします。お品選びが終わった後からがすごい!色々な布について語っていただいた。丹波布、古渡更紗、江戸時代の和更紗。これは型染めで、六玉川を題材にしている...

 2
one

白洲正子を巡る一日

yukoさん、jinkoさんと着物で遠足。まずは町田市民文学館ことばらんどで開催中の「白洲正子のライフスタイル〜暮らしの遊び(すさび)」展へ。正子と次郎の愛用品の一部を展示。それぞれの生い立ちや出会い、最期など、生涯にわたってを紹介。その後武相荘、秋の展示へ。前回訪れたのも秋だったっけ。もう十数年前だったが、なんとなくその頃とは変わった気がした。何が、と言えるほど覚えてもいないのだけれど。展示物の器や着物は...