FC2ブログ
2018.11.30

第九

娘の大学の第九演奏会に、オペラシティーまで。

学生時代に第九を演奏するのはこれが最後だろうな。
2018.11.26

誕生日ランチ

20181203144048836.jpeg

学生時代の友人が誕生日祝ってくれました。
毎年同じ7人のメンバーが順番に誕生日を祝うので、2月に一度は会っている計算になります。
最近はこういう変わらない事に幸せを感じますね。
お店は自由が丘のサンマキアージュ。
この隣ってあのお店だったよね、って話してるのは30年いや、下手したら40年前の話。


201812031440466cd.jpeg
2018.11.17

色々お祝い

家人と私の誕生日、家人の定年退職&再就職、真珠婚、
全てひっくるめてのお祝いをしました。

場所は表参道のうかい亭。
チェーン店の中でも、比較的ファミリー向けの店だそうです。
といっても、十分非日常。
夜景の見渡せる大きな窓を背にして、鉄板を前にしたカウンター席で、お食事。

20181122204217da2.jpeg

食後は席を移してデザート。
メインのデザート以外に、ワゴンから好きなだけ選べる贅沢!
でも、もうお腹いっぱいなのよねー。

20181122204218c34.jpeg

バースデープレートにバラの花まで

20181122204219e98.jpeg

次にこんなご馳走いただけるのは娘の結婚式…だといいけどね。

家族写真も撮ってもらいましたが、飲んで食べた後なのでイマイチ。
3年ぶりの年賀状用の写真は、また日を改めて撮ろうね、っという事で。
2018.10.28

五島慶太と小林一三

五島美術館特別展「東西数寄者の審美眼」へ。

阪急の小林一三と、東急の五島慶太のコレクションを集めた展覧会。
この日は山梨大学名誉教授・齋藤康彦氏の講演会を聴講。
経済界ではお互いに足を引っ張りあったり、争ったりしているライバル同士が、お茶会では和やかに同席している事に、経済学者の先生は驚いていらっしゃいました。
そうさせるお茶とは、一体なんなんだろう?と。

20181104112528c42.jpeg
2018.07.14

結婚式に

お茶でご一緒しているお嬢さんの結婚式と披露宴に列席してきました。
ずーっと、この日に至るまでの紆余曲折をうかがってきただけに、今日の日を迎える慶びはひとしおです。

会場はニューオータニ。
こちらでの結婚式は初めてです。
宴の途中でカーテンが開き、美しい日本庭園が望めるという趣向。
お料理も見た目かわいく、美味しくいただきました。
オードブルはバージンロードですって!
ホテル入口のお花も美しく。

20180715115314a6e.jpeg 20180715190537303.jpeg 20180715115312946.jpeg

二次会まで呼んでいただき、懐かしのトレーダーヴィックスへ。
今時の結婚式事情を堪能させていただきました。

愛情深いご家庭で大切に育まれたお嬢様を送り出す親の気持ちに共感するような歳になった自分を実感。
あー、我が家にそんな日はいつくるのでしょう。
2018.06.23

チコさんトーク会

銀座Mじさんの企画で、黒田知永子さんのトーク会に参加しました。

Instagramで親しくさせていただいているY様が、トークのお手伝いをなさるというので、是非ともお目にかかりたく。
会場はお店のお客様はもちろん、チコさんファンの方、そしてインスタ繋がりの方で満員御礼。

Y様はチコさんの着物指南役として登壇。
着物歴4年とは思えぬこなれた着姿は、私も目標にしたいくらいです。

20180623161738923.jpeg

チコさんとは同年代ですが、いくつになっても可愛らしさがあって憧れます。
歳を重ねていく上での秘訣のお話もあり、少しはその秘密を知れたかな。
着物を着る姿勢も自然体。
普段の生活の中に、ほんの少しのspecialを。

201806231617437f2.jpeg

写真はVERY創刊号と、chico My favorites 最新号。
VERY創刊号には私もちょっとだけ…
実は同級生がスタイリストだったので、同級生がたくさん出てます。(ここだけの話)

いつの時代も私たちのファッションリーダーとして先陣切ってくれていたチコさん。
目の前の60代をどう生きてくれるのかな。
楽しみにしています。
2018.05.13

母の日

父の27回忌と母の一周忌法要を執り行いました。
ちょうど母の日に母の法要。
これから毎年そうなりそうな予感がします。

お寺の副住職がタモリ倶楽部に出演していた事が判明。
なんと、お寺ゲームの製作販売をしたそう。
お釈迦さま生誕2480年くらい記念の番組で、
番組タイトルは「お寺ゲームで檀家の増やし方を考える」だそうです。
you tubeで見る事ができました。
お寺さんも色々苦労していらっしゃるのですね。
因みに、まったく反響はなかったそうです。笑

2018051318070380b.jpeg


2018.04.27

新人演奏会

娘が大学を卒業したので、新人演奏会に出させていただく事に。
横浜のみなとみらい小ホールにて、9人の中の一人として参加させていただきました。

Rクィルター    「3つのシェイクスピア歌曲 作品6」より
            “来たれ死よ”
            “私の良い人、どこへ行くの?”
            “吹けよ、吹け冬の風よ”

モーツァルト    「大ミサ曲  ハ短調  K.427」より
            “精霊によりて”

皆さん、4年間の集大成の大曲を披露してくれた立派なステージでした。
中にはこれから演奏活動、教育、進学等、音楽に関わっていく者だけでなく、一般企業に就職した人もいます。
それでも、今日のこの日の感動を思い出したら、いつまでも歌い続ける事を忘れないでいてくれるのではないでしょうか。
音楽が一生の宝となりますように!

IMG_3453.jpg
2018.04.14

時計台の下で

8年間勤めていた職場の同僚が久々に集まりました。
懐かしい職場は銀座四丁目の時計台の下。
まずはそこで記念撮影。

IMG_3252.jpg

会場は時計台が目前に見えるレストラン、ポルトファーロ。

昭和が平成に代わる頃働いていた人々を中心に集まりました。
当時の部長が喜寿を迎えられたのでそのお祝い。
元課長がお亡くなりになられたので、その奥様(こちらも同僚)を囲んで追悼。
御病気療養中の元課長の為にメッセージ。
30年も経てば人は色々ありますよね。
こうして出席できた幸せに感謝です。

良き時代に働くことができて幸せでした。

2018.03.23

大学卒業式

娘の大学卒業式に列席。
来年度からは大学院に進学するので、卒業とはいってもまだまだ続きますが・・・

昨今の卒業式がこんなにも華やかだとは!
ほとんどの女子が袴姿。
一部振袖と黒いスーツ。
なかには個性を生かした装いも。
華やかな装いもさることながら、4年間の大学生活を終えて晴れて旅立つ喜びに、皆のはじけるような笑顔が素敵でした。

娘は私の友人からいただいた衣裳があり、それを着たいという事で、袴は着ませんでした。
卒業式には私の同級生の振袖。
帯は別の方からいただいた丸帯。
華やかな結びは避けて(というか無理なので)、シンプルにたて矢結び。
IMG_2985.jpg

夜の謝恩会には、いったん帰宅して訪問着に着替えて。
着物はまた別の同級生から。
帯は親戚のもの。
IMG_3002.jpg

大学では先生方を始め、友人・先輩等、多くの方のお力によってここまでくる事ができ、
さらには友人たちからの晴れ着で卒業に華を添える事ができ、
本当に色々な方々に支えられているのだと実感した一日でした。

実は謝恩会の途中で気分が悪くなり、途中退席。
迎えに行くと、担当の先生が一緒についていてくださいました。
お送りしがてら帰ったのですが、本当に最後までお世話になりっぱなし。
いえ、まだあと2年お世話になるのですが・・・
未熟な親子、どうぞこれからもよろしくお願い致します。
2018.02.11

親戚懇親会

母方の親戚の懇親会がありました。

以前、祖母の白寿のお祝いで集まって以来15年ぶりくらいでしょうか。
母が他界したのをきっかけに、また集まる事になりました。

201802132206473b9.jpeg 20180213220642336.jpeg

場所は横浜中華街の狀元楼。
24名、9家族が出席。母の世代を筆頭に、孫までの3世代。
4世代目もおりますが、今回は欠席。

母は4姉妹の3番目。
姉妹が仲良く、私が幼少の頃からよく行き来していたので、今も皆仲良し。
ちゃん付けで呼び合っています。

昔懐かしい写真を出し合って、プロジェクターでスライドショーを見て盛り上がったり、
系図をさかのぼって調べてくれたり。
母は浜松出身なのですが、ひいおじいさんは、浜名湖畔にある入出村の村長さんだったそうです。
今は湖西市となっている場所ですが。
写真はひいおじいさんが書いた入出村読本。
村の人々はこうあるべきと書いた教育書。
昔は厳格だったのですね〜。
方言も下品だから標準語にしましょうなんて書かれています。

20180213221006eef.jpeg

さらにさらに遡っていくと、名古屋辺り出身の先祖もおりました。
初めて知った〜!

長野に住んでいる親戚もいるので、次回は長野で会いましょう!という事で、散会。
皆、変わらず元気でいてもらいたいな〜。

20180213223129383.jpeg



2018.02.09

モフモフBIRTHDAY

母が飼っていたワンコ、モフモフを引き取って8ヶ月。
2/9は14歳の誕生日でした。
まさか私が犬の誕生日を祝う事になるとは思わなかったんですけどね〜。

一度、やってみたかったんです。
犬のケーキ。

20180213213046cf5.jpeg 20180213213052512.jpeg

美味しそうに食べてくれました。
一体どんな味なんでしょうね。

そして、人間も便乗。笑

20180213213038f07.jpeg

人間でいうと72、3歳でしょうか。
3種の薬を飲んだり、アゴのオデキがどんどん大きくなって出血騒ぎを起こしたり…
1日のうちほとんど寝ています。
ずーっと人の足元にまとわりついて、ちょっと離れるとキュンキュン言って、なかなか厄介ではあるけれど、
まだまだ元気で長生きしてほしい。
2018.02.04

義母三回忌法要

2月8日に亡くなった義母の三回忌でした。

一昨年のその日は梅が満開だったのに、今年はどうしたんでしょう。
立春というのに、まだまだ。
それでも晴天の今日、お寺でお経をあげていただき、家族で食事に。
お墓は遠いので、また後日、暖かくなったら改めて、という事で。

義母の好きだったお店
201802041756598fb.jpeg

最後に外食したのは近所のお蕎麦屋さんで、とんかつ定食だったそうです。
お寿司も大トロが好みだったとか。
家族には油物は控えるようにと厳しかった義母ですが、意外と肉食系だったみたい。
2017.12.27

第九

東京オペラシティーコンサートホールにて
仙台フィルと読響の合同オケによる
小中高校生の為の「第九」
東日本大震災復興支援プロジェクトチャリティーコンサート
ソリスト
澤江衣里・鳥木弥生・藤田卓也・小森輝彦
合唱は東京混成合唱団と娘の大学の合唱団

というわけで、娘が出るので行ってまいりました。

大学の授業の一環で、毎年色々なイベントに参加させていただいておりましたが、
第九は今年が初めて。
在学中に舞台に乗れて本当に良かったです。
壮大なメロディはやはり感動もの!
合唱団が最後引けるまで、拍手が鳴り止みませんでした。
2017.11.19

京都日帰り遠足

お茶でご一緒しているお嬢様方に誘われて、京都日帰り遠足に行ってまいりました。

まずは裏千家の茶道資料館へ。
「仏教儀礼と茶」という展示を拝見後、お呈茶していただくが、細川護熙さんや辻村史朗さんのお茶碗でいただくことができました。
お菓子も田丸弥さんの美味しい餡子。

今日庵で記念撮影。

大徳寺へ。
まずは腹ごしらえを泉仙で。
精進料理で、終わるとお椀が全部重ねられます。

201711192332247cb.jpeg20171119233236eee.jpeg

塔頭は特別公開している黄梅院を拝観。
高桐院は改装中だったのが残念。

四条通りに戻り、祇園ない藤さんへ。
皆さんと一緒なので購入は控えましたが、女将さんにアドバイスいただきました。
私、赤やオレンジが合うんですって。
またか!
やはりそこへ戻るのか。
うーん、頭が真っ白になってしまった。
ステキなチリよけをお召しでしたが、ちょっと派手になった着物は、羽織物にするといいそうです。

鍵善良房にて、くずきりをいただき、
201711192346474f1.jpeg 20171119234643924.jpeg

お土産買って無事帰京。
味噌松風、大徳寺納豆入りお干菓子、白菜の漬物、一休昆布が収穫です。

四条通りはものすごい人ですが、レンタル着物の若い子が多いのにビックリ。
浴衣のようなペラペラの着物で、寒くないかと老婆心。
それでも、皆さん嬉しそうだからいっか。
2017.11.08

合唱演奏会

娘が大学でとっている合唱の授業の演奏会を聴きに、大学のホールへ。
今年で学部は最後。
ソロパートに参加させていただくことができました。

曲目
・グレゴリオ聖歌 アヴェ・マリア、ミサ9番より キリエ、サンクトゥス、アニュス・デイ
・ブルックナー この場所はキリストによって、キリストは私たちのために、正しき人の口は
・コダーイ ミサ・ブレヴィス
2017.11.06

学生時代の同期と

恵比寿のモナリザというフレンチでランチをしてきました。
学生時代、一緒にバンドをやっていた同期です。

さすがにあちこち身体的な不調を訴えるものの、精神面では皆、パワーは衰えていません。
私もエネルギーをもらいました。

201711112337044e4.jpeg
2017.10.28

花活けインスタレーション

拙宅を設計してくださった半谷仁子さんが主宰するギャラリーサロン守破離にて
花活けインスタレーションに参加してきました。

花は仁子さん自らが市場で選び、花器はギャラリーに置いてある物をどれでも自由に使います。
流派にとらわれない投げ入れ方式です。

私は桃山時代の常滑の壺と、水車の羽の部分に使われていた板、籠、釣り花入れを使い、三種活けました。

20171028211334a9b.jpeg 20171028211319122.jpeg

生け花は不調法ですが、秋色の美しい花々と、素敵な花器にうっとりしながら、楽しい時間を過ごしました。

皆さんの作品も素敵でしたよ。

201710282115592c1.jpeg

家に帰って家の花器で活けました。
なんか普通になってしまう。。。

201710290842467c6.jpeg 201710282239400d0.jpeg 20171028223927798.jpeg
2017.10.18

曼荼羅展

友人がイラストの個展をやっているので、行ってまいりました。
場所は荻窪。
喫茶店の一部に展示スペースができています。
この辺りにはそういうお店が多いのでしょうか。
アーティストが多く住んでいる街ですものね。

2017101912034082c.jpeg

一年がかりで準備した作品だそうです。
アクリル絵具で手描き。
色の構成などを考えるのが大変そう。
子育てを終え、お孫ちゃんもいらっしゃるのですが、自分の為に時間をこうして使えるのは素敵な事ですね。
2017.09.04

富山ガラス美術館

帰りがけ、富山駅前にあるガラス美術館へ。
隈研吾の設計。

IMG_9164.jpg


展示品もなかなか見応えあり。

IMG_9166.jpg


ランチは立山連邦を一望できる場所にて。
白海老は加熱しても白いまま。

IMG_9168.jpg
プロフィール

lapislazuli

Author:lapislazuli
着物・染織・歌舞伎・音楽・茶道・美味しいもの・・・

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数: