FC2ブログ

VERCICOLOR

one

志ん朝

今日で1月も終わり。12月が慌しいせいか、一転、長く感じた一ヶ月。2日に実家の弟から借りた古今亭志ん朝のCDを毎日のように聴いていた。これまで聴いた演目は以下の通り。『明烏』『船徳』『居残り佐平次』『愛宕山』『宿屋の富』『文七元結』『芝浜』『百川』『大山詣り』『粗忽の使者』『井戸の茶碗』『今戸の狐』『三軒長屋』『羽織の遊び』『佃祭』『搗屋幸兵衛』『黄金餅』『大工調べ』『柳田格之進』『蔵前駕篭』粋!何...

one

wii

我が家にwiiがやってきた。ソフトは「wii sports」。これがけっこう盛り上がる。白熱して汗だく!明日筋肉痛になりそう・・・。体力測定の結果「66歳」の体力だって?!...

one

ランチ

学生時代の同級生7人でランチ                      場所は自由が丘の「タンドロン」。こだわり野菜の体にやさしいフレンチ。前菜は野菜の盛り合わせ。すべて独自の契約農家からの直送。軽くボイルあるいはナマなので、どれもシャキッとした歯ごたえと野菜の味がちゃんとする。バリバリと、気分はうさぎ。ヤーコンなど、初めていただく物も。(お芋のようで、食べると梨みたい?!)ドレッシングは6種類。...

one

手織り教室

変化平織り =  変化平織りのサンプルが出来上がった。右の設計図を元に織り出したのが、左の写真。(下半分の設計図が左、上半分が右)設計図からはなかなか織り出される柄が想像できない。次回は自分で設計図を作り、新しい柄を織り出していく。できるのか?!ここで小声で言うのだが、今年の7月に作品展がある。このサンプルが終わったら作品展に向けての作品を何にするかを考えなくてはならない。恐らくこの変化平織りを使...

one

実家にて

                                         暮れに足を骨折した実家の母。         やっとギプスが取れたというので様子を見に行った。             わんちゃん達も毎日退屈だよね~。                 もうちょっと我慢してね。...

one

絽刺し

新年のお稽古は柔らかもので。細かい手毬模様が飛んだ着物に合わせて、丸い鈴模様の帯。絽刺しで季節の花々が彩られている名古屋帯だ。...

one

「彩鳳舞丹霄」

『彩鳳舞丹霄』 今年最初のお茶のお稽古。今日は小間で向こう切りの薄茶点前。冬の寒い日にはこじんまりしたお点前で温まるのがいい。...

one

浮気

今日、浮気をしました。・・・といっても、美容室のはなし。いつもは近所の美容室に行くのですが、たま~に街に出て時間が余ってしまって、なおかつ気分転換をしたい時、思いついたように美容室に行ってしまう事があるんです。今日もまさにそういう状況。体調がすぐれなくて午前中病院に寄り、午後の手織り教室(@東銀座)まで2時間もあったので、ふと思いついたのが髪のカット。日曜日にyapyさんとお茶を飲んだ時、窓から見えた...

one

ティータイム

                   ミキモトラウンジにてティータイム                    写真は「ハピネスプレート」。苺のマカロナードタルト・カルバドスのムース・生姜のプリンとラフランスのシャーベットの取り合わせ。中身は季節によって変るそう。紅茶はスパイシー風味。いかにも銀座らしい贅沢な空間。美しいものを満喫した一日の最後にふさわしいデザートでした。...

one

シネマ歌舞伎

                 『京鹿子娘二人道成寺』                  続いて東劇にてシネマ歌舞伎『京鹿子娘二人道成寺』鑑賞。玉三郎と菊之助が二人で白拍子花子を演ずるという贅沢な舞台を映像で観る。映像とはいえ巨大スクリーンで細部にわたって鑑賞できるので臨場感あり、見ごたえは十分。...

one

着物でデート

              yapy&つかさ、今年最初の着物でデート                                          まずは銀座松屋の池田重子コレクション「日本のおしゃれ展」。お正月・新年に因んだ豪華な着物や帯が池田さんの美意識によって組み合わされ、それぞれに物語をもったコーディネートが出来上がる。コレクションはもちろん見事だが、その組み合わせの妙にただただため息。そ...

one

紬小紋

紬地に後染めの小紋。帯は博多。落語ではよく歌舞伎の客と比較し「あちらに比べてこちらは皆さん普段着で・・・」と落とされる。お決まりのネタに、「こっちが晴れ着を着てたらどうするのよ?!」と突っ込みたくなる。舞台の小円歌姐さんの小粋な着姿に憧れる。...

one

池袋演芸場

                          池袋演芸場                                    正月二の席昼の部。池袋の繁華街入口の地下にある比較的小さい寄席。平日昼間なのにほぼ満席。皆さん良かったが、特に初見の三三・権太楼・さん喬が良かった。いずれも派手さはないが、噺が進むにつれて盛り上がり、引き込まれる。小三治師匠はナマで見るのは初めてだが、TVの印象から比...

one

付け下げ

クリーム地に短冊文の付け下げに、黒地の袋帯。メリハリのある組み合わせで華やかに。いずれも様々な文様が入っているので、季節を問わず使える。帯の矢のような柄は澤潟。(歌舞伎の屋号でいえば猿之助門下)丸いのは橘。(市村羽左衛門、市村萬次郎 の屋号)両者共演は帯の上ならでは。...

one

初釜

                       お初釜                         お軸の言葉は「梅花・・枝上の月」(月は今年の歌のお題)。「紹鴎棚」の上には文具を飾る。お菓子は花びら餅。お茶碗は鈴木宗保先生のお手による嶋台茶碗。(中に金・銀を施した一対の赤楽。本来は濃茶用)...

one

鰹縞

 鰹縞の着物に瓢箪柄の染め名古屋帯。地元のホール落語会だったので着物はどうかと思ったが、蓋を開けてみたら浅草演芸ホールよりも着物率高し!...

one

新春プラザ寄席

                      新春プラザ寄席                当代若手人気落語家5人による落語会@大田区民プラザ大ホール。昨日の寄席とは違って、一人あたり30分以上かけてきちんと噺を聴かせる会。出演と演目。・古今亭菊之丞   浮世床・立川志らく     天災・柳家喬太郎    錦の袈裟・柳家花緑     片棒・林家たい平    幾代餅...

one

鮫小紋

 新年最初の着物は柔らかもので。 鮫小紋に縞の袋帯でちょっぴり粋に。やっぱり浅草は着物が似合う!...

one

浅草

                      浅草演芸ホール初席                                                                                      正月初席は寄席もかきいれ時。朝9時から夜9時まで番組が続く。1時から4時まで鑑賞。到着したはいいが、満員札止めで入れず。入口でねばっていたら「お客さん、ひとり?」と聞...

one

笑初め

                    笑い初め                手元にある落語のCDを聴く。文楽・金馬・馬生・志ん生・可楽・円生・小さん(すべて故人)。さすが、名人と言われる人達。しばらくCD鑑賞にはまりそう。TVで「落語研究会」を観る。市馬・鯉昇・喬太郎・談春(こちらは現役)。今年も少しずつだが、落語チェックを続けよう。落語好きの弟から志ん朝のCD34枚を借りてきた。(1枚に2話ずつ。...

one

おせち料理

                      おせち料理                                          今年は大晦日に出かけてしまったので元旦のおせち料理を作るのは省略。代わりに六本木のフレンチレストラン「La Chasse」のおせち料理をいただいた。こちらのお店、シェフが自ら狩りをした獲物を料理する「ジビエ...

one

年越し

年越し ベートーヴェンのシンフォニーを1番から9番まで通しで聴く。去年までは岩城宏之さん指揮だったが、今年は追悼の意を込め、9人の指揮者が参加。「のだめ」で注目の7番を小林研一郎氏が振る。個性的な指揮から繰り出される繊細かつダイナミックな演奏に大感激!写真は会場に展示してあった岩城さん使...

one

ごあいさつ

あけましておめでとうございます。                             2007.1.1.                                                         ...