FC2ブログ

VERCICOLOR

one

志ん朝 その2

2月に聴いた志ん朝『付き馬』『三年目』『二番煎じ』『お茶汲み』『崇徳院』『御慶』『堀の内』『化け物使い』『お見立て』『火焔太鼓』『三枚起請』『お若伊之助』『唐茄子屋政談』『富久』『酢豆腐』『鰻の幇間』『寝床』『刀屋』『佐々木政談』『夢金』『碁どろ』『お直し』『おかめ団子』『茶金』円楽師匠が引退するそうだ。自分が考える芸の水準を守る事ができなくなったらそれもまた致し方ないこと。でも、ご存命である限り...

one

試織

帯の試織。使用する糸は手紡ぎの絹糸。色は染めていない天然のままの色。手紡ぎの作業は国内ではほとんどされていない為、これも中国製だそうだ。まずは平織りをきれいに織る練習。たて糸の密度をしっかりとるので、横糸を強く打ち込まないと糸が入っていってくれない。ギュウギュウ押し込むのではなく、トトトーンと叩く感じ。かなりの重労働。次はここに色を織り込んでいく。...

one

水指

半年かけて作ってきた磁器の作品が年末にはできていたのだが、昨日ようやく取りに行く事ができた。ロクロで引き上げた形は、もう少し縦長のスマートだったら・・・とは思うのだが、何しろぐずぐずしていると手元はどんどん広がっていくばかりで縦に伸びてはくれない。刷毛でポンポンと塗った黒い地色の上に描いた文様は、庭に生えていた羊歯の葉に金・銀を塗ったものをスタンプのように押し付けたもの。作ってはみたものの、水指と...

one

春ですね~。

昨日・今日と、朝目覚める時間になると庭で鶯が鳴いているのが聞こえる!すっかり春ですね~。去年のブログには娘のお雛様(宮廷飾り)をUPしたが、今年はセットを飾る余裕がなく、私の立ち雛で済ませることに。久しぶりに出してみたら・・・あらあら、冠飾りがとれている!後で直してあげなくては!...

one

出会い

ここのところ着物を着たりブログを書いたりする余裕がなかったのだが、今日は久しぶりに着物を着て新高輪プリンスホテルまでお出かけ。お目当ては染めの「野口」と帯の「洛風林」の展示会。「洛風林」の帯は前々から気になっていて、いつか欲しいなぁと思っていた。古典や海外裂からヒントを得て大胆な構図で織られた帯はまさに好み!「野口」の染めは、その微妙な色合いが渋すぎず派手すぎず、はんなりすぎず粋すぎず、「洛風林」...

one

お稽古

午前中所要の為洋装。遅刻の為お床の詳細わからず。お菓子:桜餅お茶勺の銘:早春・春一番お稽古はお棚を使った薄茶のお点前。...

one

サンプル完成

変化平織りのサンプル完成。この一枚の中に40種類の柄がある。この中から気に入った柄を選んで自分の作品を織る。織る品物は・・・いよいよ帯!!さて、どの柄を選んでどのような配色で織ろうか。まずは試織から。...

one

母の着物

母の着物私が着物を着たいと思い立った時に、母の着物が何枚かあった事が私の気持ちを後押ししてくれたのだが、何の為にこんなに着物を持ってたの?(大した数ではないのだが)と思うほど、母の着姿を見た事はなかった。しかもどの着物にどの帯・・なんていう事がまったくわからないまま今日までいたそうだ!そんな中、このコーディネートだけは私の記憶の中にあったもの。応用範囲が広く、初心者にも扱いやすい無地の紬と織りの九...

one

「初きく鶯」

「初きく鶯」短冊:「近わたり 梅さけりともきかぬ間に なくはめずらし うぐいすの声」広間の花:みつまた・椿お茶勺の銘:福梅・福は内・春立ちぬお菓子:うぐいす餅(@等々力「八洲」)暦の上ではもうすぐ立春。暖冬だそうで、今日も暖かい一日。環境問題にも話が及ぶ。...