FC2ブログ

VERCICOLOR

色変わりする日々の備忘録

Archive [2009年03月 ] 記事一覧

六甲より

最終日は家族のみで六甲山ロープウェイに。何本かルートがあるらしいのですが、我々は北野からハーブ園というコースを選びました。上から見る景色は・・・きっと夜景だったら本当にきれいでしょうねえ。ハーブ園は時期が早くてあまりきれいではなかったのでそこそこに。山を下りた我々は再び異人館へ!!予告のページに載せたうろこの館に向かいました。(なんせ子供が・・・ry)中国領事館も見たのですが、ここもなかなか素敵。...

元町&中華街

 その後元町&中華街辺りを散策。横浜はよく知っていますが、横浜の元町と比べるとここは普通のアーケード。中華街は小規模ながらちゃんと雰囲気を醸し出していて、中華好きのMちゃん夫婦も御用達です。(なんせ、どこの国に行っても中華さえあればOK!)ガード下の商店街はごちゃごちゃした中にもおもしろい物がたくさんあって、ショッピングを楽しみました。夕食は中華のお店。有名店なのですが、何故か「○○支店」との表示。...

異人館巡り

二日目は北野の異人館巡りです。まず最初はイタリア館へ。狭い館内に、所狭しと調度品が飾られ、当時の生活を彷彿とさせています。キッチンなどは実際に使って簡単な喫茶ができるようになっています。というのも、ここは他のお屋敷とは違って、現在も人が住みながら公開している建物なんです。  冒頭の写真は有名な風見鶏のお屋敷。さすがに趣のある立派な外見。子供だけ中を見てきました。(なんせ子供はタダなので)ここでラン...

チーズフォンデュ

 その後北野の街を少し散策。おいしそうなパン屋さんでパンを買ったり、ロシアの雑貨屋さんを覗いたり・・・(何故かマトリョーシカが子供のマイブーム)その後、北野のチーズフォンデュのお店でディーナーとなりました。5人で囲むフォンデュはなかなか楽しかったです。異国情緒の漂う神戸の街を散策した後だけに、話題は国際的に。なにしろMちゃん夫婦は外遊経験豊富なのです。マイブームがヨーロッパな娘は目を輝かせておりまし...

初パンダ

娘が写真を整理するのを待ってアップしようと思っていた神戸行き。もう待ちきれないので、自分で整理しました。友人のMちゃん夫婦がご主人の転勤の為神戸にいるので、家族で訪ねていきました。Mちゃん夫婦は全国あちこち転勤していて、その度に訪ねていくのでお陰様で色々な所を知ることができ、いつも感謝しています。  今回待ち合わせしたのは王子動物園。ここには現在日本で唯一パンダがいます。実は私にとっては初パンダ。い...

神戸に行ってきました。

詳細アップまで、もう少しお待ちください。...

同期会の着物

久しぶりの大島に、紅型の帯。大島と言っても、これは綿薩摩の織り手として有名な永江明夫さんによるもの。横段柄は普通、段をずらして仕立てるのが一般的だが、お店の方のアイデアで、わざと段を揃えて仕立てた。(段の柄は微妙に違うのではあるが)柄が揃う事によって絵羽(例えば訪問着)のような効果が出て、ちょっぴりよそいきっぽくなるのだそうである。そして、今日もバッグは大活躍。雨が懸念されたので、雨コートと折り傘...

同期会

元職場の同期と銀座でランチ。場所は、職場のまさに目の前の「アルペッジォ」。懐かしい話はもちろん、その歳なりのお悩みに話は盛り上がりました。(言ってみれば、アンチエイジングとか、子供の事とか、親の介護等々・・・)年齢と共に微妙に話題も変ってきます。どんな事も気兼ねなく話し合える友人の存在は偉大です。...

「諸悪莫作・衆善奉行」

お茶のお稽古。本日の禅語は「諸悪莫作・衆善奉行」ずばり!悪いことをするな、善いことをせよ。3歳の子供でもわかる事だが、80歳の老人でも実行する事は難しいという。大徳寺塔頭真珠庵の本堂に掛けてある対幅の一行書は、一休墨蹟の最高傑作だそうである。お花は先生のお宅の庭の杏の一枝に白玉椿。お菓子は関東風の桜餅。(ピンクの薄皮に餡子が包まれているタイプ)お点前は貴人薄茶点前。貴人相手にお茶を点てる事はまずない...

「ひいなあそび」の着物

着物のご縁でのお集まりという事もあって、話題は着物中心。皆さんそれぞれのこだわりを伺ったり、情報交換したり、それはそれは賑やかで、話題は尽きません。初めてお目にかかる方とも会話が弾みます。本当だったらお雛様に因んだ装いでもできたら良いのですが、あいにくそれらしいものは見当たらず。いくらか春を感じさせる色合いの着物を選んでみました。一昨年の暮れの音楽会の時と同じコーディネートです。そして、今回は自作...

ひいなあそび

着物のお仲間と「ひいなあそび」。神楽坂の古民家のお座敷で落語を聞き、お料理をいただく・・・という趣向。落語は人気の二つ目、春風亭一之輔さん。お座敷の床の間に高座を作り、かぶりつきで鑑賞。お題は「時蕎麦」と「藪入り」。皆がよく知っている演目を、しかも間近で蕎麦をすする演技を見せる辺りは、芸達者なんだろうな~。聞けば、二つ目の中では大変な人気の落語家さんだそう。将来真打になった時、「あの時の・・・」と...

Menu

プロフィール

lapislazuli

Author:lapislazuli
着物・染織・歌舞伎・音楽・茶道・美味しいもの・・・

最近の記事

月別アーカイブ

検索フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: