FC2ブログ
2009.06.30

テキスタイル展の着物Ⅰ

単衣に変化平織り


何とかお天気が持ちそうだったので、思い切って着物で出かけました。
帯とバッグは自作のもので。
今年の会期は6月からなので、この帯が締められたというわけです。
今日が本当の最後の単衣。
2009.06.30

テキスタイル展

作品展入口 作品展部屋

いよいよ始まりました、テキスタイル展。
今日は教室のメンバーが集まり、先生から講評や説明をうかがいました。
ひとくちに手織りといっても様々な手法があり、
さらにそこに個人の表現力が加わって、
それはそれは個性的な作品が並んでいます。
皆様の自由な発想に感心する事しきりです。

写真は会場入口の先生の作品と、
私の作品(帯)の展示してある部屋。
さて、私の作品はどれでしょう?
近々アップしますね。
2009.06.29

銀座ランチ

土曜日に引き続いて日曜日も銀座へ。
Berry cafeに程近い「GINTO」にて、元職場の同期とランチ。
広い店内はやはり私たちのような世代のグループでいっぱい。
グループランチで賑わうお店なのだそうです。
まあ、お陰で周りを気にせず、大声でお喋りできましたが・・・(^_^;)。
2009.06.27

歌舞伎の着物

白小紋に紅葉  白小紋に紅葉後

季節の変わり目で着物選びも迷う今日この頃。
梅雨の晴れ間で暑さもひとしおだったのですが、最後だからと、単衣の小紋を選びました。
この紅葉に白い着物を合わせたかったのが理由のひとつ。
母から譲られた帯なのですが、母はこれにクリーム色の絽の小紋をあわせていたのです。
小紋にしたのは歌舞伎座のお席が良かったから。
紬より、もう少しきちんと感が欲しかった。
これに、やはり母からの草履(ピンク!)を合わせて華やかさを。
衿は浅葱にし、帯締めのグリーンと共に、緑レンジャーのyapyさんを意識。笑
少しは清涼感が出たでしょうか?
2009.06.27

六月大歌舞伎

久々の歌舞伎です。

まずは「門出祝寿連獅子」。
染五郎のご子息、4代目松本金太郎君の初舞台です。
齢4歳なのに、しっかり舞台をつとめていました。
一家を率いる幸四郎さんもお幸せそう。
歌舞伎界もご安泰ですね。

次は「幡随長兵衛」。
やられるとわかって相手の屋敷に乗り込んでいく町奴の幡随院長兵衛。
潔い江戸っ子気質が似合うのは、やはり播磨屋さんですね。

黙阿弥が続いて、最後は「髪結新三」。
ヘタレな忠七(福助)、やり手の長兵衛(彌十郎)、その女房の欲深いおかく(萬次郎)などに笑えます。
yapyさんが書いていらっしゃるように、勘三郎だったらもっと笑いをとれる舞台になっていたでしょうね。

「さよなら公演」も折り返しになり、あと何回訪れる事ができるか・・・
貴重な機会をありがとうございました、yapyさん。
2009.06.27

Berry cafe

yapyさんから歌舞伎にお誘いいただきました。
久々の“yapy&つかさ”なので、まずはお茶を飲みながらお喋り。
連れていっていただいたのは銀座教会の隣のビル6階にある「Berry cafe」。
フルーツタルトがメインのお店です。
お店の入口にあるフルーツディスプレイや、ショウウィンドウの中のタルトの豪華なこと!
どれもおいしそうで迷ってしまうのですが、極めつけはこれ!

マンゴータルト

yapyさんの頼んだマンゴータルトです。
宮崎産マンゴーが薔薇の花の形になっているのですよ~!
でもお喋りに夢中になっていたら、あっという間に目の前から消えていた!!笑
私は「一粒で2度美味しい」マンゴーとイチジクのタルトをいただきました。

健康に気をつけなきゃね!っていう話が中心だったんだけど、
甘いものはやめられないのですわ。
2009.06.24

6月の料理教室

2009年6月のメニュ

・茶碗むし
・豚の角煮
・ゴーヤチャンプル
・即席漬け
2009.06.04

お稽古の着物

R 001


今日から単衣。
十日町紬に紫陽花柄の絽縮緬の帯。
しまった!
衿を絽にするのを忘れた~!!

お茶室のしつらえにも紫陽花が。
山紫陽花や柏葉紫陽花など、珍しい品種ばかりでわくわく。
2009.06.04

後炭手前

前回の初炭手前に引き続き、今日は後炭手前。
初炭は客を招いて茶をたてる前の最初の炭手前。
後炭は濃茶が終わって薄茶を点てる前の炭手前。
前の炭が残っているので、炭を継ぎ足す格好になる。
炭も胴炭が輪胴に、管炭が割管に。
枝炭は炭とりの前縁にたてかける。
また、釜敷は紙から組釜敷に代わる。
初炭で月形を切ったところに藤灰を埋めたり、
香合拝見がない代わりに風炉中拝見があったり、
水つぎをして茶巾で釜を拭いたり・・・

実際に火を使えないので、香の香りも、
火の暖かさも、釜を拭いた際の蒸気(これで茶室を清める事になる)も
実感できないのが残念。
プロフィール

lapislazuli

Author:lapislazuli
着物・染織・歌舞伎・音楽・茶道・美味しいもの・・・

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数: