2009.11.20

11月の料理教室

2009年11月


・紫いものスープ
・ホタテのスープ煮
・人参ツナサラダ
・ほうれん草のキッシュ
・白玉洋風デザート

紫いものスープは塩・胡椒のみで十分おいしい。(スープの素いらず)
ホタテのスープ煮は、赤のパプリカ・グリーンアスパラ・しめじで、クリスマスカラー。
白玉には豆腐を入れるので柔らかさが!
フルーツソースやメープルシロップで。
2009.11.19

更紗

お召しに更紗

お稽古の着物は男物のお召しで仕立てた着物と更紗の帯。
11月は大好きな更紗の季節。
年に一回は締めておきたい好きな帯。

帯締めはお知り合いにいただいたもの。
なんでも、人間国宝(?)の組紐職人さんがお作りになったものだとか・・・??
きゅっと締まる具合がなんとも心地よい。
2009.11.19

「開門多落葉」

お茶のお稽古。
11月は炉開き。
お茶の世界では、お正月のように新しい一年の始まりである。
風炉が炉になるだけではなく、お茶も今年の新しいお茶に変わる。
今月最初のお稽古はお休みしてしまったが、先生がお汁粉を煮てくださり、
新しい年を皆で祝ったそうだ。

今日は今月2回目のお稽古。
掛け物は「開門、落葉多し」
明け方、雨の音かと思い門を開けてみたら、落ち葉の音だった。
開門には悟りを開く意もあるという。
雨の多いこの時期、お稽古の新しい始まりのこの時期、
お茶席によくかかる禅語のひとつだそうである。

お花はぶな(どんぐり)の葉に侘びすけ。
お菓子は侘びすけをかたどったもの。

お稽古は炉の濃茶点前。
中蓋、中じまいが特徴。
来年の初釜には初めて濃茶席がかかるそうなので、お稽古にも熱が入る。
2009.11.18

ありがとう!

お祝いのデザート


数日遅れですが、祝っていただきました。
いくつになっても、憶えていてもらうと嬉しいものです。
持つべきものは友人なり。
感謝、感謝。
2009.11.06

御供茶式

Scan10001.jpg   Scan10002.jpg   Scan10003.jpg

池上本門寺にて御供茶式。

濃茶席と薄茶席が3席の計4席がかかった。
茶会記はそのうち3席のもの。
残り1席は本門寺の若いお坊様達によるお席。

御供茶は裏千家現お家元坐忘斎によって行われた。
間近でお目にかかるのは今回初めて。
日蓮宗の祖である日蓮聖人の御仏前で、荘厳なお経の唱えられる中、お茶を点てられた。
その後、私たちもお参り。
お茶の精神性を強く感じる、貴重な体験。

着物は紋付色無地に、名物裂柄の袋帯。
付け下げや訪問着、若い方は振袖など、華やかなお召し物の方も多くいらした。
プロフィール

lapislazuli

Author:lapislazuli
着物・染織・歌舞伎・音楽・茶道・美味しいもの・・・

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数: