FC2ブログ

VERCICOLOR

one

機にかける

ちきりに巻いた経糸を織り機にかけます。綜絖通し、筬通しをしていざ織り出し!・・・と、何段か織っていたら、筬をひとつ抜かしていた事が判明。そこまで織った横糸を全部はずして、筬通しのやり直しです。筬を傾けて、裏側から糸を通すとわかりやすく、間違えにくいようです。筬通しが終わったら、筬を固定し、糸を結びます。この時、糸の張りを合わせて。結んだ糸に「むかで」を取り付けます。さ~!ここからやっと織り出しです...

one

Tシャツ

今日、届きました。東日本大震災復興支援チャリティーTシャツです。デザインはKAT-TUNの田中聖くん。娘が自分でもできる事として購入。私が何も言わなくても自分なりにいろいろ考えていたのが嬉しかった。そして私も自分の分、頼んじゃいました。笑...

one

雨支度

黒田商店さんが恵比寿三越に出店していらっしゃるので、修理の履物をごそっと持っていきました。気がつかないうちにかかとがずいぶん減っていました。とんとんさん、ありがとうございました。雨がひどかったので、ふと思いついて、雨の日対策をお聞きすると、写真の雨よけカバーをお薦めしてくださいました。普段履いている草履の上にかぶせるものです。底まですっぽり覆ってしまうので、花緒から水がしみる事もありません。今まで...

one

「白桂尚可磨」

お茶のお稽古。お軸は「白桂尚可磨」(はくけいなおみがくべし)白い玉を磨くように、各人が修行によってさらに心を磨きなさい、つまり、今の自分に甘んじず、さらに学びましょう、の意。お花は黒椿・梅花うつぎ・忍冬。舟形の花生けに生けられていましたが、水を見せる生け方は暖かい時期になったゆえ。お稽古は花月。今日で炉は終わりです。...

one

桜で染める

剪定した我が家の山桜の枝。水を張った鍋に入れ、グツグツに出すと、染液ができます。最初は少しにごった色が、2度3度と繰り返すうちに、澄んだ染液になります。写真は絹の玉糸を染液で染めたもの。2番目と3番目の染液を使いました。ばいせんはアルミ。うっすら黄色みがかった色です。10回くらい煮出すと、ピンク色がでてくるそうです。中には100位繰り返した方もいらしたそうです。一体どんな色ができたのでしょうね。...

one

お太鼓結び

きれいに結べたので記念に一枚!...

one

お花見

都知事選の投票をした後、近所の洗足池へ。いつもは桜山や池の周りに屋台がずらりと並ぶのですが、今年は神社の境内のみの出店。他が自粛のせいなのか、いつもはいない猿回しなども出ていて、例年にない賑わいをみせておりました。人ごみをかいくぐってまずはお参り。日本中の平和と安全を祈願。桜山と称する小高い山は、例年の屋台の出店はいっさいなし。これはどうやら自粛の為ではなく、桜の木の保護の為のようです。いつも、人...

one

「弄花香満衣」

今日から新期に入ります。新しい生徒さんが一名加わりました。お軸は「弄花香満衣」(はなをもてあそべばかおりころもにみつ)花を手折ればその香りが我が衣に薫じられているという意味。私たちのお稽古も、知らず知らずのうちに身に付いているのでしょうか?お稽古は花月。来月からは風炉なので、今年の炉の締めくくりです。...

one

今年の桜

東京ではソメイヨシノが満開になったとのこと。我が家の山桜もほとんど開花しました。だいぶ木が傷んでいるので、中には花をつけない枝もあります。今年はそんな枝を剪定。試しに煮出して染液を作ってみます。うまく色が出たら糸を染めて次回の織物に。桜がダメなら梅を使おうと、花の終わった梅の枝も落としました。次回の作品は、今デザイン中ですが、ズラシ絣で矢羽模様を織ってみようと思います。...

one

靖国茶会

靖国神社において、東京東第6支部による観桜茶会が催されました。地震で色々な催事が自粛される時期ですが、中止する事もある意味大変なのです。靖国の桜はまだまだ3分咲き位。自粛の為、屋台もなく、境内は整然としていました。が、近くの千鳥が淵辺りから、花見客は結構出ていましたよ。花見の宴こそないけれど、やはり日本人は桜が好き。茶室のある池のまわりの枝垂桜はかろうじて満開。写真は香煎席。以下、濃茶席と薄茶席の...