FC2ブログ
2012.05.31

「薫風自南来」

びわ前


お茶のお稽古。

お稽古は炭点前。

着物は単の小紋。

帯は前回に引き続き、びわの帯。

小物も変えました。
2012.05.29

羊毛フェルトに挑戦

羊毛フェルト作家のMAKIKOさんに、くまちゃんの作り方を教わりました。

羊毛フェルト

ふわふわの羊毛を、専用の針でつついて固めて、形を作っていきます。

120529_2002~01

ぐさぐさ、ぐさぐさ・・・
なんだかストレス解消にいいみたい。笑

時々指を刺すのに気をつけて!

人形は顔が命。
ちょっとした加減で、表情が変わってしまいます。

どうも、作り手に似るらしい。
なんだか無愛想なくまになりました。

おしゃべりしながらの数時間はとても楽しかった。
MAKIKOさん、素敵な時間をありがとう!
2012.05.26

花織り試織

花織り試織

月末の手織り教室。
4月、5月の4日間かけて、「花織り」の試し織りをしました。

花織りとは沖縄の織物。
4枚の綜絖での平織りに、さらに4枚の花綜絖を加えて、花のような模様を織り出します。

まずは、織り機に花綜絖を設置する作業が大変です。

綜絖 綜絖を織り機に吊るしたところ。
右の4枚の他に、4枚の花綜絖が、ゴムで吊り下げられています。

踏み足 花綜絖を上げ下げする為のゴム紐。足で踏みます。

花綜絖の踏み加減が難しくて、経糸が緩んだり切れたり・・・
4日目にして、やっと花織りらしき模様を織る事ができました。


これが裏。
黄色い花は読谷の花織り。
裏に糸が浮いています。
緑の花は首里の花織り。
裏に出るのは経糸(ピンク)です。

120526_2051~01

これからデザインを決め、糸を用意(染め)します。
家で織っている矢羽絣が織り終わる頃に用意できていればいいのですが。
2012.05.21

びわの帯

びわ帯後ろ

今朝は金環日食でしたね。
サングラスに望遠鏡と、してはいけない事ばかりして見ていました。
でも、無事に、そしてきれいに見る事ができました。

その後着付けで銀座に。
着物はこの時期に着心地の良い風合いの塩沢紬。
うさぎと雪輪の模様が織り込まれています。
うさぎが月に因んでいるかな?

帯はお初のびわの帯。
リメイク物なので、柄の出方がいまいち計算されていないのですが、
ズバリ柄が出ていないところが、かえって粋な雰囲気をかもし出しているとも言えます。笑

2012.05.20

福音コンサート

晴佐久神父、司祭叙階25周年コンサート「晴佐久昌英と愉快な仲間たち」を聞きに、パルテノン多摩大ホールに行ってきました。

晴佐久神父様はカトリック多摩教会の神父様。
その世界では有名な方で、ひたすら福音を説き続け、毎年100人近くの受洗者を生み出す驚異的な人気を持つそうです。
今日は縁あって、このコンサートを紹介していただいたのですが、音楽を聴くのはもちろん、晴佐久神父さまとはいったいどんな人物なのかに興味がありました。

コンサートの構成は、演奏の合間に神父が福音を語る・・・というかたち。
スマートな身のこなし、よく通る声、ユーモアを交えた、しかも人を安心させる力強さを持った話の内容。
「人はみな、神様に愛されている。だいじょうぶ。安心して生きていいんだよ」
う~ん、人気の理由がよくわかります。

出演者は皆さん神父の親しい方々、神父から救いを受けた方々。
しかも、実力者ばかりです。
ピアノの佐藤文雄さん、村上巌さん、
声楽の本松三和さん、山本耕平さん、
ヴァイオリンの大島莉紗さん・・・

音楽は福音。音楽の向こうに天国が見える。
そんな神父の言葉に、いつもと違う音楽の魅力を感じました。

最後にアンコールで、皆で歌った「あめのきさき」。
小学校時代に歌った聖歌です。歌いながら、自然と涙があふれてきました。
私はまだまだ神様の近くにいくのは恐れ多い身ですが、
どんな福音よりも、幼い頃から体に浸み込んでいる教えは、否定できないものだと実感しました。
2012.05.18

5月の料理教室

120518_1241~02

・黒酢鶏
・水菜と豆腐のスープ
・ベビーリーフのサラダ
・みょうが、青じそ、ちりめんごはん
・杏仁ゼリー

黒酢鶏は、酢豚風の味付けを鶏肉で。
スープは鶏がら。
サラダのドレッシングはりんご酢とバルサミコ酢とごま油。
杏仁ゼリーには杏仁霜を使用。
2012.05.18

ずらし絣

  織り機  

織り機に「はしご」を設置します。
このはしご、先生の手作りです。

はしご 

はしごのアップ。
かすった糸を順番にはしごにかけていきます。

 矢羽

段差によって糸がずれ、矢羽の模様になりました!

2012.05.11

下駄?サンダル?

サンダル


先日、谷中に行った時、履物屋さんの並び・団子坂の入り口にあった和風雑貨のお店「YUZURIHA」。

そこに、ちょっと素敵な下駄がありました。
ヒールのついた台に、フランス製などのお洒落な布を鼻緒にしたものです。

普通の下駄を洋服の時に履くのはちょっと抵抗が・・・
でも、下駄の履き心地を洋服の時も味わいたい。
そんな気分にぴったりです。
近所に行くときのつっかけよりは、ちょっとお洒落なサンダルとして。

あいにく気に入った柄ではサイズが合わなかったので、その日は帰ってきました。
で、得意のネット検索。
ありました、ありました。
水鳥工業という所が作っています。

そして注文していたものが、今日届きました。

うん、やっぱり素足に履くのが気持ちいい!
もう少し暖かくなるまで、我慢我慢。
2012.05.11

カード織り

五反田の「東京デザインセンター」へ。
ここにはインテリアのショールームがたくさん入っています。
ハンス・ウェグナーのザ・チェアーの実物を見たくて行きました。

結局お目当ての籐張りのものはなかったのですが(別に買うわけじゃないのですが)、
1階の書店
で面白いものを見つけました。

「カード織りのテキスタイル・ストラップづくり」という、キット付きの本です。
カードに経糸を通し、そのカードをクルクル回しながら横糸を入れていくと、細い織物ができる仕組みです。
ごく簡単な綾織なのですが、そのデザインが色々あって、楽しそう!

キット

帰宅して、さっそく本を見ながら試作します。
 トランプみたいなカードが見えますか?

出来上がり

出来上がりはこんな感じ。
 トリコロールはキットのもの。コットンとリネンの混紡糸です。
 茶・黄色のは手持ちのウールです。途中で切れてしまいました。

種類

こんなに色々なパターンができます。
 もちろん、これ以外にも・・・

着尺の製作、今は絣をずらす作業をしているのですが、なかなか進まず。
気分転換に、と思って買ってきたキットですが、これでまた着尺の作業が遅れそうです。
2012.05.07

竹皮草履

120507_1600~01

GW、やっと終わりましたね。
家族で行動する事の少なくなった我が家、平日のほうが私ひとりで気兼ねなく行動できるので、休みが終わって「さあ!始動!」といった感じです。笑

室内履きとして使っていた竹皮の草履が痛んできたので、新しいものを求めに谷中まで行ってきました。

前回求めたのは2年前
普通は半年くらいで買い換えるのが普通だそうです。笑

ここの鼻緒は太くてソフトなのがいいところ。
ネット販売もしているのですが、好きな鼻緒の柄を選びたいので、わざわざ出向きました。
サイズの展開やお値段が、微妙にネットとは違います。
店頭は女性用・男性用とも同じお値段ですが、女性用はネットよりお高くなります。

お店に並んでいる履物はどれも江戸好みの、粋なものばかり。
「ネットに出ていた新作はありますか?」と伺ったところ、奥様は「ネットの方はよくわかりません」とのこと。
ネットでは色々なパーツを自分で選んでオーダーすることができるのですが、基本的にお店ではそこにある物を選ぶだけのようです。
すげかえのような事は、その場ではできません。
でも、実際に目で見て履いて・・・ができる実店舗の魅力も捨てがたい。
谷中という場所も、魅力のひとつ。
店舗がなくならない事を願うばかりです。

世代の交代と共に商売の方法も変わっていくのでしょうが、上手に両方の良い所を選んで利用したいですね。


2012.05.02

懇親茶会

恒例の第6東支部・懇親茶会が、明治記念館で開催されました。

あいにくのお天気でしたが、着物で参加。
北村武資さんの経錦の帯を初おろし。

北村

着物が同系色すぎて、少し地味ですね。
プロフィール

lapislazuli

Author:lapislazuli
着物・染織・歌舞伎・音楽・茶道・美味しいもの・・・

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数: