FC2ブログ
2013.12.26

「知られざる忠臣蔵」

img001 (453x640)

突然時間ができたので、国立劇場の千秋楽に行ってまいりました。
なんだかとても評判が良かったので、ずっと気になっていたのです。
もちろん吉右衛門劇団の皆さまの舞台なので、どうして観ないのか・・・なのですが、
今月は歌舞伎座も行ったし、研修発表会を観たのでいいかな~と思っていたのです。

行って正解!
まず『主税と右衛門七』が良かった!
十代で討ち入りした主税(隼人)と右衛門七(歌昇)の討ち入りの前夜の様子を描いたもの。
そこに右衛門七の思いを寄せる娘(米吉)が絡みます。
3人の初々しい演技が、観ている胸をしめつけます。
歌昇くんはお芝居うまいですね~。
苦しんだり、強がったりしている表情がとても豊かでした。
米吉君もけなげで気丈な娘をよく演じていました。
お琴は自分で演奏していましたよ。
米吉といえば、女形でいくとしたら今後どうなるのでしょう。
親の又五郎は立ち役ですからね~。
昔は梅枝や時蔵を継いでいたようですが・・・
芸は芝雀さんを継いでいってほしいな~と思いますが。
今日の大谷廣松くんもきれいな女形でしたから、芝雀はそっちかな~。

『弥作の鎌腹』は重鎮の演技が光りました。
吉右衛門さんの笑いあり涙ありの芝居を、相方の芝雀さん、又五郎さんががっちり固めて。

最後の『忠臣蔵形容画合』は11月12月の歌舞伎座のさわりを全部やります!みたいな感じ。笑
早替わり、人形振り、など趣向を凝らした演出で楽しませてくれました。
11月12月のしめくくりとして、ふさわしい、歌舞伎らしい舞台でした。

忠臣蔵づけだったこの年末、いよいよ大詰め。
現実に戻って新年を迎える準備に入ります。
2013.12.26

ジュエリー展

ウィンドウ

銀座和光で行われたジュエリー展。
22~24までお手伝いに行きました。
普段和光の店頭に並ばないような、若い感覚のカジュアルジュエリー。
個性豊かなデザイナーの作品ばかりです。

私が担当したのはETSUKO SONOBEのコーナー。
この方は実は和光専属のデザイナーで、店頭にあるオリジナルジュエリーのデザインをされています。
私が在職中は、一緒に商品開発をしていました。
今回はそれがご縁での仕事です。

P1050973 (640x480)

こちらが彼女の作品。
アメジストとクリソプレーズというセミプレシャスストーンを使ったリングです。
石のカットからデザインし、石を留めるのに爪は一切使わず、石そのものの美しさをアピール。
ボリュームたっぷりなのですが、仰々しくなくカジュアルでお洒落なイメージです。

P1050971 (640x480)

今回、中でも人気があったのはこちら
フランスからビンテージビーズを買い付けて来て、オートクチュール刺繍の技法を使って、ビーズをひと針ひと針オーガンジーに刺して作ったアクセサリーです。
ビンテージビーズとは今から80年ほど前のものだそうで、ガラスを職人がカットして作ったものだそう。
色みがとても落ち着いていて、しかも微妙なニュアンスがあります。
もう作られないものなので、現地でも掘り出すようにして探してくるそうです。
ビーズがなくなってしまったらもう作れない、という事ですよね。貴重です!

デザインも、とてもユニークなものばかりでした。
写真は虫が葉っぱを食っているもの。
ユーモアがあって、くすっと笑える、子供っぽ過ぎないけれど楽しさのある作品でした。

久しぶりの古巣での仕事は懐かしさも手伝って楽しかった。
でも、夜遅く帰っての家事は無理だと諦めて連日の外食だったので、何故か太ってしまいました。
今後の仕事も薦められましたが、銀座に通っていたら目の毒がたくさんですし、何しに仕事に行くのかわからなくなりそうなので、とりあえず今回で終了です。笑

職場の皆さま、浦島な私をフォローしてくださってありがとうございました。


2013.12.16

告知です

exhibitions02_10.jpg  exhibitions02_05.jpg  exhibitions02_04.jpg   exhibitions02_02.jpg

12月20日~25日に、銀座和光6階ホールで行われる催事
Sense of Wonderworks ―New Jewelry Exhibition for Christmas―」で、お手伝いをします。

クリスマスプレゼントにぴったりな、お洒落なジュエリーがたくさん並びます。
この機会に是非ご覧ください。

私は 22~24の3日間、ETSUKO SONOBEのブースにおります。
どうぞ遊びにいらしてくださいね。


ETSUKO SONOBE
 exhibitions02_07.jpg



2013.12.14

「伝統歌舞伎保存会研修発表会」

14日に国立劇場に行ってまいりました。
国立劇場では、昭和40年以来、重要無形文化財である歌舞伎の技芸の継承の為に、伝統歌舞伎保存会を設立して、後継者の指導育成を続けているそうです。

本日はその研修発表会。
まだ20代の若手や、一般から入られた研修生の皆さまを中心の舞台発表です。
私が一押しの歌昇くんをはじめ、弟の種之助、いとこの米吉、話題の隼人らが、「仮名手本忠臣蔵」や「乗合船恵方萬歳」の重要な役どころを務めるのです。

「仮名手本忠臣蔵」は11月・12月と歌舞伎座で通し狂言が上演されています。
11月は吉右衛門さんが大星由良之助を公演なさった舞台を見てきたばかり。
その同じお役を歌昇くんが演じます。
ご指導なさったのはその吉右衛門さん。
由良之助は若い役ではないので、歌昇くんにはちょっと荷が重かったとは思いますが、これを経験するかしないかは今後の飛躍におおいに役立つことに違いないでしょう。

米吉君は11月に芝雀さんが演じられたおかる役をやったのですが、まあ、そのかわいらしいこと!
古典的なお顔立ちがとってもお役によく似合うのと、初々しさ、そしてセリフのうまさに、思わず見入ってしまいました。
芝雀さんがご指導なさった事がよくわかる、とてもかわいいおかるでした。
(写真は米吉くんのブログから拝借)
wpid-2013-12-17-12-34-52_deco (391x640)



そしてその兄の平右衛門を演じるのが種之助。
見た目も平右衛門らしく、一生懸命さが伝わってくる演技でした。

現在歌舞伎座ではこの二役を玉三郎と海老蔵がやっているのですが、いったいどんな舞台になっているのでしょうね。
個人的には若い二人の方がこのお役には合っているような気がしますけれどね。

後半の「乗合船・・・」の方は、さまざまな生業の人たちが隅田川の渡しに集い、初春を寿ぐ踊りなどを披露します。
中心的存在の三河萬歳をする二人を隼人と大谷廣松が演じました。
その他、有名どころのお弟子さんたちが一人ずつ出てきて踊ります。
白酒売おふじを演じた中村京蔵さんは雀右衛門さんに弟子入りした大ベテラン。
その姿・ふるまいがどことなくジャッキーさんをほうふつとさせる感じがして・・・
舞台の中心で全体をきりっとしめていらっしゃいました。

普段は表舞台になかなか立たない方々の活躍の場をこうして拝見できるのはうれしいことです。
今後のご活躍にますます目が離せません。
2013.12.09

心が折れる・・・

彩色        糸


先日捺染した糸をほぐして木枠に巻き取っているのですが、どうにももつれて自分ではもはや修復不可能。
入院させればきっと無事に戻ってきてくれるとは思うのですが、今後も同じような作業が続くので、先行きがとても心配。
果たしてこの作品は完成するのでしょうか。

私はどうも、織りの神様に好かれていないのでは?と思うことがしばしば。

あ~、心が折れるわぁ。
2013.12.09

12月の歌舞伎座

img001 (453x640)

12月の歌舞伎座は先月と同じ「仮名手本忠臣蔵」。
昼の部に行ってまいりました。

お目当ては菊之助。
やはり際立って美しい。そして、少し貫禄も出てきた感じ。
なんせ、パパになったのですものね。
和史くんお誕生、本当におめでとう~。
幸せオーラがでているせいか、切腹の切迫感がちょっと薄い気もしたけれど。笑

そして、怖いもの見たさのAB蔵さん。
代役の高師直はまあまあでしたが、わざとなんでしょうけれど、セリフがこもって聞き取りにくいのが残念でした。
でも、相手を怒らす演技は得意のようですね。笑
最後の道行きは素敵でした。
玉さまがとってもかわいらしく見え、往年の玉孝コンビをほうふつとさせる美しさ。
お二人ともすらっとしていて顔の大きさのバランスもちょうどいいのですね。
ABさんの痩せすぎな感じが目立たなくて良かったです。
夜の平右衛門もちょっと見たくなりました。
筋トレばかりしていないで、もう少し・・・(以下自粛)と思うのですが、こうやって見た目の美しさを見せつけられると批判もしにくいですね。
(え?嫌い嫌いも好きのうち?)

それにしても役者さんが皆さん具合を悪くされているので心配です。
どうぞ、お大事になさっていただきたいものです。


これで今年の観劇はおしまい。
1月はあちこちで歌舞伎が目白押しなのですが、さて、私はどこを観にいくのでしょうか。
また来年も楽しみです。
2013.12.08

年明けの着付けにむけて。

ふりそで

教会の前に銀座で着付けの勉強会。

年明けにお茶の初釜があり、若いお嬢さん4~5名ほどに着付けをします。
訪問着に袋帯で二重太鼓。
皆さん細いので、補正をいかにするか、そして短時間に仕上げるのが課題です。

お隣では成人式の準備に余念のない先輩方。
三重紐を使った帯結びの研究をなさっていました。
私も初めてなので、横から拝見。
一切帯を結ばず、帯をたたんで紐(というかゴム)に挟み込んで羽を作っていきます。
その形は自由自在。
今どきの振袖の出来上がり。
帯揚げも「キティちゃん風リボン」に結んだり、お花を作ったり・・・
本来は古典的なふくら雀や文庫が好きですが、ちょっと楽しそうだな~、と思ってしまいました。
2013.12.08

クリスマスコンサート

教会

田園調布教会でクリスマスコンサート。

もともとこちらの教会には「エクレシアアンサンブル」というオーケストラと声楽の団体があります。
「本物の教会で本物の教会音楽を」を目標に教会の信徒さんを中心に結成され、10年目を迎えるそうです。
そこに小学校の恩師が参加しておられます。

昨年「ハレルヤコーラス」で一緒に歌いましょうと恩師からお誘いを受け、今年も引き続き参加させていただく事になりました。

グレゴリオ聖歌や「キリエ」などの古い聖歌をアカペラで、
組曲「ルネ王の暖炉」(木管五重奏)、
「降誕のキャロル」「アヴェ・ヴェルム・コルプス」「クリスマスの子守唄」
以上をエクレシアアンサンブルの方々が演奏。
その後、お客様も交えての合唱で「第九」「まきびと」「清き愛」
そしていよいよ最後に「ハレルヤコーラス」です。

オーケストラの伴奏で、混声合唱。
声を張り上げるだけではなく、喜びを込めて歌うように、とのご指導の下、感動のうちに歌い上げる事ができました。

何の心得もない私でも、音楽の感動を味わえる機会を与えてくださったことにいつも感謝の気持ちでいっぱいです。
そして、見にきてくれた友人や家族にも感謝。

どうぞ、皆が幸せに新たな年を迎える事ができますように。

2013.12.07

「歳月不待人」

12月7日広間  12月7日小間軸  12月7日小間


お茶のお稽古。
掛物は『歳月不待人』(さいげつひとをまたず)。
お花は蝋梅と椿。

お稽古は薄茶点前。
2013.12.03

お待ちかね

ない藤4

誕生日とクリスマスとお正月がいっぺんにやってきました。笑
前に注文してあった履物です。

ない藤1
こちらは夏草履。
世にも美しい履物です。

ない藤3
こちらは、このお店で一番最初に誂えた草履なのですが、ずっと鼻緒が気に入らなくて。
今回4本目。
これでやっと落ち着きそうです。

ない藤2
一番最初はこの鼻緒が上の草履についていました。
はずしてから使い道がなかったのですが、今回下駄にすげていただきました。
この下駄がまた素敵!

東京の粋に比べると京都は、はんなりというか、華やかさがあります。
そこが気に入るかどうかは難しいところ。
ただ、こちらの履物は本当に履き心地が良くて、足を入れると脳がス~~っと喜ぶ感じがします。

ご褒美をいただいたので(自分で、だけど)またこれから色々と頑張ります!
プロフィール

lapislazuli

Author:lapislazuli
着物・染織・歌舞伎・音楽・茶道・美味しいもの・・・

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数: