FC2ブログ
2014.04.24

4月の歌舞伎座

母が歌舞伎を観たいと言うので、一緒に行ってきました。

歌舞伎座新開場からちょうど一年。
鳳凰祭です。

昼の部の演目は「壽春鳳凰祭」「鎌倉三代記」「壽靭猿」「曾根崎心中」

特筆すべきは「壽靭猿」
病気療養中だった三津五郎さんの復帰演目です。
花道から出ていらっしゃる時の客席の盛大な拍手に、思わずジーンとしてしまいました。
お元気な三津五郎さんの姿を拝見するだけでも感動ものなのですが、
脇を固める又五郎さんの芸達者であること、猿のかわいらしいこと、そして、三津五郎さんの息子さんの巳之助さんが頑張っていらっしゃることなど、見どころ満載の舞台でした。

そして「曾根崎心中」
坂田藤十郎一世一代にてお初相勤めし候との事ですが、もうこの役を千三百回以上勤めていらっしゃるそうで、
私も初めてではないのですが、正直もういいかな~と思っていたにも関わらず、見るとやはりいつの間にかその世界に引き込まれてしまいました。
せりふの良しあしとか、親子共演で心中ものってどうなの?とか、どうしてそもそもこの二人は惹かれあってるの?とか、冷静になると色々考えてしまうのですが、そんな事を全部払拭してしまう力があるんですね。
不思議です。

写真は、木挽町広場で求めたfauchonのエクレア。
定式幕のは、中が柚子と抹茶のクリームが半々。
青い鯉にはブルーベリー、ピンクにはイチゴが入ったカスタードクリームが入っています。
なんと、一つ540円というお値段!
鯉のぼりは5/5まで。

20140504003151541.jpg
2014.04.19

茶会の準備

4 19床


今日の茶道クラスは、5月の懇親茶会に向けた準備です。
先生が立礼席を担当なさるので、私たちもお運びをお手伝いさせていただきます。

菓子器や茶碗の運び方の練習に余念がありません。
普段のお稽古ではなかなかやらない事なので、自然に動きが出てこないのです。
特に手の位置。
お茶でもてなす側は、手をももの辺りに置きます。
以前接客業をしていた私は、お客様に対する時はついつい手を前で組んでしまうくせがあるので、気をつけねば。

お茶銘やお菓子、お花の名前など、覚える事もたくさん。
不安のうちにお稽古がおわりました。笑

4月19日歌  4月19日小間
2014.04.08

花の記憶

桜 

今年の2回目の大雪の際に、庭の山桜の枝が雪の重みで折れました。
元々古い木だった上に大きな松がすぐ横にある為、ずいぶん枝が弱っていたのです。
が、その中でも折れたのは一番たくさん蕾をつけていた枝でした。

花

残った枝にはかろうじて花が咲いてくれたのですが、今までと比べると半分の量。
ずいぶん寂しくなりました。

折れた枝は花を咲かせることもなく・・・
そこで、これを使って糸を染めることに。
咲かなかった花の色を糸に留めて残すことにしたのです。

鍋

まず、鍋で枝を煮出します。
これで赤みのある染液がとれます。
このままさまして1週間ほど放置しておくと、酸化して赤みが増します。
赤みが増したところでいよいよ糸を染めます。

煮出し

熱した染液に20分。
アルミ媒染液に15分。
再度染液に30分。

糸

2回に分けて2枷を染めたのですが、微妙に色が違います。
2度目は多少薄く染まったのに加えて、少し媒染液を薄くしてみました。

今回の染液は2度目の煮出しでとれたもの。
今日は同時に4回目の煮出しをしました。
これをまたしばらく放置して・・・の繰り返し。
回数によって色味が変わるそうなので、その変化を楽しむつもりです。
微妙な色の変化のある糸を使って、さて、どんな作品ができるでしょうか。
2014.04.05

台天目(口伝の為非表示)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2014.04.03

入学式

入学式

卒業の後は入学。

娘の選んだ大学は音大。
大学のホールで入学式がとりおこなわれました。

始めにオルガンの荘厳な演奏、学長挨拶へと続き、最後は菅打合奏の華やかなファンファーレで締め括りです。
(オルガン『イントラーダ』G.アイヴス)
(合奏『ウィーンフィルハーモニーのためのファンファーレ』R.シュトラウス)

これから音楽づけの生活が始まるのだと実感。
音楽をやる為には人間形成が重要というのがこの大学の思想。
礼儀や規律も重んじます。
生涯勉強というのも、またしかり。
その為にはお金もかかると、親の覚悟も強いられました。笑

自分の好きな事をやれる環境の中で、精いっぱい頑張ってもらいたいものです。
プロフィール

lapislazuli

Author:lapislazuli
着物・染織・歌舞伎・音楽・茶道・美味しいもの・・・

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数: