FC2ブログ

VERCICOLOR

one

薫風自南来

風炉2回目のお稽古。運びの薄茶点前をしました。お花は・・・...

 2
one

ランチ、その後は・・・

教室の後は香子さんと銀座でランチ。なんと1000円ランチを香子さんが探してきてくださいました。店名は「オザミデヴァン」。メニューは写真の通り。銀座はビジネスマンも多いので、ランチの激戦区。二子や自由が丘のマダム向けランチとは一味違います。安い代わりにゆったりとはできないのですが、名店の味を安く味わえるのは魅力。それに、これからまだ行かなければならないところがあるの~。なんと、銀座から四谷三丁目に移動。...

 4
one

浪人結び

銀座で着付け。夏に向けて、浴衣の復習。特に今日は男性の着付けを勉強しました。男性の浴衣は対丈なので、体に合っていない場合はなにかと難しいのです。この場合気を付けるのは背中心を合わせる事。他は修正しても、ここだけは守らなくてはなりません。そして、帯結び。貝ノ口は緩みやすくて難しい。その点片ばさみは安心。浪人結びと片ばさみ、同じかと思っていたのですが、実は違うという事がわかりました。片ばさみははさんで...

 2
one

送別会

元職場の友人がドイツに行くというので、送別会を日比谷で。お店は日生劇場地下の「春秋ツギハギ」。8名集まったのですが、未だに年に数回集まる程、団結力のあるメンバー。仕事だけでなく、結婚や子育てという濃密な経験を同じ時期に経験してきたからなのでしょうか。今でも親の介護や子育てや健康の話題などが中心ですが、お互い共感でこる部分がたくさんあり、話が尽きません。ドイツに旅立つ友人も、親や子供の事に追われて毎...

 0
one

歌舞伎座昼の部

3階の戻り席が出たので、急遽行ってまいりました。「毛抜」「勧進帳」「魚屋宗五郎」毛抜は左團次さんの右に出る者はいないと思わせるほど適役。勧進帳の芝雀さん・・・この方が見たくて、来たようなものです。「おばさんが若い男の子を演じている」と言われている芝雀さんの義経。とても気品があって、舞台に重みを持たせてくれています。若い役が重みっていうのも変ですけれど、どこに飛んで行ってしまうかわからない弁慶の手綱...

 2
one

初かつを

お茶のお稽古。この日は初風炉でした。半年経って忘れてしまった風炉のお点前を、基本の薄茶運び点前から。お休みの方が多かったので、濃茶のお点前もさせていただけました。なんといっても、この日はお菓子が2つもあったのです。一つはいつものおまんじゅうですが、もう一つは先生が名古屋からわざわざお取り寄せくださった「初かつを」というお菓子。優しいピンク色のういろうなのですが、棹を切る時に、糸でうねうねしながら切...

 0
one

明治座

明治座五月花形歌舞伎・昼の部へ。いち推しの歌昇くんが忠信をやるというので、行ってきました。昼の部の演目は「義経千本桜・鳥居前」「釣女」「邯鄲枕物語」隼人の義経・米吉の静・種之助の弁慶・歌昇の忠信・・・と、適材適所なのですが、やはり花形の若さが固さに感じられます。。それにしても、忠信登場の折は「あれ?忠信ってこんな相撲取りみたいだっけ?」歌昇くん、肉襦袢つけて隈取りすると、ちょっといつもと違う雰囲気...

 2
one

母の日は歌舞伎座へ

最近は母も歌舞伎に行くことを喜ぶようになったので、時々誘うようになりました。今月は母の日という事もあり、一緒に歌舞伎座へ。團十郎さんの一周忌を記念した団菊祭です。長唄などの舞踊が好きな母の為に、夜の部を選びました。演目は「矢の根」「番隨長兵衛」「春興鏡獅子」開幕前のロビーで、麗禾ちゃんが激走しておりました。後からお付きの女性ときみこおばあちゃんが追いかけてたけど・・・むむむ。お付きの女性にだっこさ...

 2
one

GWランチは「金田中」で

   大学時代の友人3人で、表参道にある茶酒「金田中」へ。新橋の料亭が作ったカフェです。長テーブルが2列あって、上段は庭を向いて、下段は向き合って座ります。窓が全開になるので、席が外にあるような開放感。しかも、表参道の喧騒を忘れるような静けさです。     通常、予約する際は5000円からのコースなのですが、一休を通して予約すると2800円のコースがいただけます。写真はそのコースの前菜とメイン。スープとサラ...

 2
one

懇親茶会

新緑の明○記念館で懇親茶会が開かれました。毎年お客様として訪れていた茶会ですが、今回は師事する先生が立礼席を持たれるので、私たちもお運びで参加させていただく事となりました。一緒に参加する生徒さんの着付けをする為、朝6:30に現地に到着。無事3名の着付けを終え、会場に。会場のしつらえはこんな感じ。  涼しさを感じる竹のお軸、スルガテンナンショウの花が鼓の花入れに活けられ、香合は鳥兜。お菓子は津和野の「鯉の...

 0