FC2ブログ
2015.01.26

壽初春大歌舞伎 昼の部

金閣寺
蜘蛛の拍子舞
一本刀土俵入
2015.01.22

1月の伝道者の会

銀座のあとは日本橋へ。
今年最初の笹島式伝道者の会です。

昨年行われた先生の喜寿の会の映像を見た後、今後の活動についてのお話でした。

そして、この日、待ちに待った誉田屋さんのお草履を受け取る事ができました。
喜寿の会の抽選で当たったものです。
全部で4種類。
よそいきの金・銀。普段ばきのこげ茶・藤色の中から私が選んだのはこれ。

誉田屋草履

普段ばきの藤色です。
一見地味ですよね。笑
でも、よそいきは持っていたので、普段ばきの中から選んだのです。
あの短い時間で選ぶのですから、あとで後悔しようがしまいが、仕方ありません。
でも、きっと私のどの着物にもしっくり合ってくれること間違いないと確信しています。
そして、なにより履き心地のいいこと!
クッションが柔らかくて頭の先まで楽~に感じます。
おろす日が楽しみ!
2015.01.22

北村武資・鈴木藏 二人展 @和光ホール

二人展

銀座和光のホールで、織の北村武資さんと、志野の鈴木藏さんの二人展が開催されているので、行ってまいりました。

このお二人のコラボに至る経緯は2年半前にさかのぼるそう。
14代柿右衛門さんと三人での会になる予定だったそうですが、柿右衛門さんがお亡くなりになったことで、お二人での開催になったとのこと。
陶磁器研究科の林屋晴三さんが監修なさっています。

北村さんの作品は以前も拝見していますので今回はさらっと。
今回の目的は主に鈴木藏さんの志野焼です。

志野焼は安土桃山時代のほんの数十年の間にしか作られていなかった陶器。
それを近年、加藤唐九郎さんらが古い陶片から研究を重ねて復刻したりして、現代によみがえったそうです。
鈴木さんはその志野を、ガス窯で焼くことに成功した方。
おおらかで野趣に満ちた、でも繊細な志野を作り出す事に成功していらっしゃいます。
今回は抹茶茶わんが21点、その他大皿や向付、箸置きなども作っていらっしゃいます。
小さい物は40万、茶わんは400万円台。
一回の焼成で完品が出る割合は2割ほどだそうですから仕方ありません。

昨今の人気は女性の手に合う小ぶりの茶わんですが、鈴木さんは表現の為にはどうしても大振りになってしまうとおっしゃいます。その為に、ろくろではなく、たたらで作る製法を取り入れていらっしゃいます。
実際に手にとらせていただきましたが、確かに大きい。
お茶席で使うというよりは愛でて楽しむという物でしょうか。
高台を見せていただきましたが、何気なく無作為に見えるところが味です。が、ちゃんと床へのおさまりもいいのです。

こんなに多くの作品をじっくり拝見することができ、たいへん満足。眼福でした。

この後は名古屋。その後全国各地を回るそうです。
和光での会期は25(日)まで。
2015.01.19

新春浅草歌舞伎 第一部

そして、引き続き、第一部です。

お年玉はみっくんと米ちゃん。
みっくんの独楽売にかけて、米ちゃんが色々な物のセールストークを繰り広げます。
まずは公演のパンフレット・7人の携帯ストラップ。
そして、最後に隼人のカレンダー。
隼人の扱いがぞんざいだったのがおかしかった。

演目は
・春調娘七種
・一條大蔵譚
・独楽売

踊りはどちらもお正月らしく華やかで、楽しく見る事ができました。
特に独楽売は、ちょっと曲芸的要素もあって変化に富んでいて楽しめます。
巳之助の家である坂東流の舞踊だそうですが、歌舞伎で上演するのは60年ぶりとか。
みっくん、花道から登場するすがたがお父様そっくりでちょっとびっくり。
でも、舞台で口を開けて笑った顔はやっぱり違う。笑
鶴松・梅丸・種之助がかわいい!(前回外ですれ違ったのはこの三人)
種之助のピンと片足を伸ばした姿勢がきれいで、見惚れました。

そのお兄ちゃんの大蔵卿。
真面目な歌昇くん、どこまでやれるか心配でしたが、なかなかの阿呆面。
ですが、貴族らしい柔らかさみたいなものはまだまだかな~、という印象。
色々な顔を持つこのお役は、やはり難しいものなのだな~と改めて感じました。
(私が見たことがあるのは勘三郎さん。この方ほど嵌る方はいないでしょうね)

友人と一緒だったので、終演後は舟和でクリームあんみつをいただきました。
最近はうちの地元にもカフェができたそうです。

さらに、駅近くの長谷川商店さんで娘の成人式用の草履を下見。
そろそろ本気で準備に入らねば!
2015.01.05

新春浅草歌舞伎 第二部

まずは第二部へ。
娘と一緒に行ってまいりました。

公会堂

開演前、公会堂の裏で、種之助と梅丸くんに遭遇。テンション上がる~!
お年玉のご挨拶は松也と隼人くんでした。
カレンダーコンビですね。

羽子板
3階に飾ってあった羽子板。
左から、児太郎・米吉・巳之助・松也・歌昇・種之助・隼人。

演目
「仮名手本忠臣蔵」
「猩々」
「俄獅子」

お芝居の出来についてとやかく言うよりも、ここは若い彼らの一所懸命さを見てあげたいと思います。
「猩々」の種之助くんが可愛くて可愛くて。笑
「俄獅子」での芸者・米吉がまた色っぽいこと。最近テレビでもかわいい!と評判だったらしいですね。
後半に第一部を見に行くので、これまた楽しみです。

浅草寺

帰りに浅草寺でお参りしようと思ったのですが、長い行列で断念。
代わりにi padのsiriで「おみくじ」と言ったら、「おめでとうございます。大大大吉です」と言われました。笑
なんせ、浅草寺では凶を引いたことがあるのでね~。(凶がよく出るので有名らしいです)
2015.01.04

壽初春大歌舞伎

2015歌舞伎座前  2015歌舞伎座  2015鏡餅

3日は歌舞伎座夜の部へ。
今年はやっと特別会員になりました。

演目は
「番町皿屋敷」
「女暫」
「黒塚」

キッチー&コジャックコンビの皿屋敷は又五郎&歌昇襲名披露公演で見ていたので、安心して見る事ができました。
相変わらずコジャックLOVEなキッチーさん。
でも、疑われたからって殺さなくってもいいのに~。
怒り心頭というより、がっくりした感じが悲しみを誘います。

女暫はお正月らしく華やかな面々が顔を連ねているのはいいのですが、食後なのでね~。笑
今月、出番の多い男女蔵さんについつい目がいってしまうのは、わかる人にはわかる。

黒塚はさすがの猿之助。
満を持しての新歌舞伎座初出演。
幻想的で躍動感溢れる舞踊を魅せてくれました。
地方(ぢかた)がまた特に良かったです。
ここでも男女蔵さん登場。笑
良くも悪くも話題になって注目されて、その時に実力を見せることができれば大成功なのですがね・・・
頑張れ、オメッティ!
2015.01.02

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。
相変わらず細々と、備忘録としてのアップを続けていく所存です。

2015元旦
毎年恒例、元旦は我が家で家族・主人の両親と過ごします。
晩餐は私が用意。
毎年同じですけどね。

実家
二日は駅伝を見てから実家へ。
今年の青学はすごかったですね~。
実家には母と弟夫婦がいます。
この日も毎年恒例、近所の鰻屋さんに行きます。
ここは何年か前にミシュランの一つ星がついたお店。
四万十川の天然物が売りですが、私は養殖物しか食べたことがありません。笑
う釜があるのも特徴。

帰ってから花弁餅でお抹茶をいただくのも恒例。

こうして、毎年変わりなくお正月を迎える事ができるのが何よりの幸せですね。
今年も皆様にとって佳い年となりますように!
プロフィール

lapislazuli

Author:lapislazuli
着物・染織・歌舞伎・音楽・茶道・美味しいもの・・・

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数: