FC2ブログ
2015.10.21

芸術祭十月大歌舞伎 夜の部

2015.10.19

鎌倉遠足

学生時代の友人に誘われて、鎌倉に遠足。

早いお昼の時間に鎌倉駅に集合、小町通にある「秋本」というお店で生シラス丼を堪能。
今年は不漁だったそうなのですが、この日は運よく入荷があり、初めてのシラス丼をおいしく頂戴しました。
シラス丼


目的地は重要文化財の「旧一条恵観山荘
かつては京都西賀茂にあった一条家の別邸が、昭和になって鎌倉に移築され、現在は茶道の宗徧流不審庵によって管理されています。
毎月そこで文化講座が開かれており、今月は伊藤玄二郎さんによる「鎌倉と作家・文人」という講座に山荘の拝観が付いていましたので、そちらに参加したというわけです。
山荘

講座の内容は、現在伊藤さんが代表をつとめられている「鎌倉ペンクラブ」に属されていた作家・文士たちのエピソードが中心。
中でも里見弴にまつわる話が主だっておりました。

講座が終わると次はいよいよ山荘の拝観。
建物の中に入って、直に細部を鑑賞できます。
撮影は禁止なので、パンフレットを参照。
鎌倉1鎌倉2     鎌倉3

中でも感心したのは、炉の上の天井が煙突のように穴が開いていて、隣の部屋の天井まで温められた空気が循環するしくみ。
炉の上の棚に食べ物を置いておくと自然に温められるという工夫も面白かったです。

庭も京都の庭を再現。
隣接する崖と清流の借景と相まって、すばらしい環境を作り出しておりました。

惜しむらくは、これらが日々刻々と劣化していくこと。
あるがままの姿を拝見できることは素晴らしいのですが、その為に建物の劣化はふせぎようがないとのこと。
ガラスケースの中に閉じ込めたり、修復したりするのも手ではありますが、その為には莫大な費用がかかるのも事実。
はっきりいって「諦めている」そうです。
これぞ有終の美・・・?

最後にお抹茶とお菓子をいただいて、山荘をあとにしました。

せっかく鎌倉まで来たのですから、八幡様にお参りに行きました。
上まで登ってお参りしたのは何年いや、何十年ぶりでしょう。
八幡宮  山の上

最後に分厚いホットケーキで有名な「イワタコーヒー店」でお茶をし、「井上蒲鉾店」で梅花はんぺんをお土産に買い、鎌倉をあとにしました。
2015.10.15

ワンピース

2015101608505601e.jpeg 20151016085107f7e.jpeg


スーパー歌舞伎II(セカンド)「ワンピース」を観てきました。
普段の歌舞伎とは別物ですが、いちおう話題のものなのでね。

ワンピースのストーリーも、キャラクターも、全く知らなくて楽しめるのか?と危惧しながらでしたが、全くその心配はありませんでした。
まあ、キャラクターを知っていたら、原作との違いを楽しむこともできたのでしょう。
帰宅してから原作のキャラクターを検索して比較してみましたよ。

歌舞伎はそのテイストが各所に散りばめられ、衣装や隈取りはもちろん、名乗りをあげたり、見栄を切ったり、六法を踏んだり…
ああ、これってあれのパロディ?と思われるような場面も各所に。(歌舞伎なのに歌舞伎のパロディって…💦)

でも舞台全体は歌舞伎の枠を超え、映像や照明や音を最大限に駆使した、スケールの大きいものでした。
(そもそもそれがスーパー歌舞伎なのかな?)
音楽に合わせて観客も思わず手拍子したり。
宙乗りでは近くまで来てくれたので(2階席でしたので)、思わず手を振ってしまいましたよ。
目が合った時、猿ちゃん頷いてくれましたもん!
まるでジャニコン。笑

20151016085108905.jpeg
宙乗りの後の余韻の舞台写真です。

戦いの場面の迫力はすごかったです。映像の使い方が効果的。
福士くんカッコよかったー。
昔、娘がファンだった市瀬さんが、クザン役で出てるのが嬉しかったり。
また、本水を使った戦いの場面は、(スーパーじゃない)歌舞伎の若手代表の隼人くんとみっくんが大活躍。
我らが代表〜!と応援しましたよ。
みっくんはゲイ達者なんですね〜。見直しました。
同じく歌舞伎代表の男女ちゃんも生き生きとしていて、それがとても嬉しかった。

やっている人も観ている人も皆が元気になる、そんな舞台。
4時間半はあっという間に過ぎたのでありました。
2015.10.14

駒ヶ根シルクミュージアム

2015101418513271f.jpeg

長野県伊那にある駒ヶ根シルクミュージアム。
そちらで現代手織クラフト公募展の展示が始まります。

実は今回、初めて応募した作品が入選させていただき、
授賞式に出席する為、はるばる行ってまいりました。

20151014185136802.jpeg 20151014185139593.jpeg

以前アップした時は織り上がったばかりの反物でしたが、それがこんな着物になりました。
図録にも載せていただいております。

20151014185137e46.jpeg
会場の様子はこんな感じ。
駒ケ根1  駒ケ根2  駒ケ根3  駒ケ根4



遠いので、気軽にどうぞとは言えませんが、万が一おついでがありましたら、是非お立ち寄りください。
11/23まで展示しております。
2015.10.12

成田空港

8月に浜離宮でお手伝いしたお仕事が、ようやく形になりました。

成田空港第1・第2旅客ターミナルビル1階到着ロビーにあるデジタルサイネージ。
そこにこの10月から、海外からいらしたお客様向けに、東京都が日本文化を紹介する映像を流しています。
その中の茶道を紹介する映像に出させていただきました。

20151012200345a87.jpeg

私がお点前しています。
お客様役は友人のお嬢さん。現役のモデルさんです。
振袖の着付けは、笹島式伝道者を代表して、F谷さんにお願い致しました。

20151012200341eb0.jpeg
こちらが第1旅客ターミナルビル1階到着ロビー。


201510122003400ce.jpeg
こちらが第2旅客ターミナルビル1階到着ロビー。
画面、大きいですね💦

海外に行く予定はないのですが、見に行って来ようかな。
皆様もおついでがありましたら是非!
2015.10.07

松尾鏡子染織展@銀座和光

松尾ほぐし


銀座和光のホールで開催されている「松尾鏡子染織展」に行ってまいりました。
ご自分で糸作りから織までを手掛けられます。
織の技法は浮織・花織・ほぐし織・吉野格子などさまざま。
どの作品も一見シンプルですが、凝った技法や工夫された優しい色合いに惹きこまれます。

上の写真は唐津の葛布を緯糸に使用した帯。
初めに地の布を織り、絞り染めを施した後に緯糸を解して、葛を緯糸にして綾織にしたものです。
ほぐし織は教室でもなさっている方が多かったのですが、綾織のほぐしというのは初めて見ました。
しかも唐津の葛布を復元、ご自分で糸を績んでいらっしゃるとは!

松尾花織
こちらは花織ですが、花を行儀よく並べるだけでなく、形を作っているところが新しいと感心。

松尾浮織
こちらは浮織です。
こんな帯を作ってみたい!

やはり、実物を間近で拝見できる機会はうれしいです。
次の作品作りのヒントがたくさん。
2006年の個展から今回まで9年。
今回お出しになった作品はその間に作られたもの。
9年でこれだけの数をおひとりで手掛けられるって、すごい!
自分のこの10年を思わず反省してしまいました。
2015.10.03

「我心似秋月」

10月2日広間  10月2日小間


お茶のお稽古

四ヶ伝のなかの唐物をお稽古しました。
他の方が盆点てをなさり、双方の違いがよくわかりました。
プロフィール

lapislazuli

Author:lapislazuli
着物・染織・歌舞伎・音楽・茶道・美味しいもの・・・

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数: