FC2ブログ

VERCICOLOR

色変わりする日々の備忘録

Archive [2017年02月 ] 記事一覧

2月の染織教室

嵐のような雨風が吹いたかと思ったら、あっという間に晴れてポカポカ。そんな春の変わりやすい気候の中、皆さん元気に作業なさっていました。先週、仮仕立て講習会というのを行なって、プロの和裁士さんから絵羽の仮仕立てのやり方を教わったのですが、聞けば聞くほど、自分じゃやらないな!…と。笑皆さん興味を抱かれたのは、自分で着物を着る時の帯結びのこと。講習内容としてはおまけの部分だったのですが、着る前に帯を畳んで...

たてや結び

笹島先生に、たてや結びを習いに行ってきました。振袖に結ぶ帯。ふくら雀もいいけれど、もう少し自由で元気の良い装いにしたい時にぴったりの結びです。文庫を斜めに結ぶのですが、できた羽を自由に広げて曲げて…卒業を迎える若いお嬢さんに結んであげたいな。...

近代工芸と茶の湯Ⅱ

国立近代美術館工芸館で開催中の「近代工芸と茶の湯Ⅱ」展に行きました。全て所蔵作品です。人間国宝、荒川豊蔵さんの作品が気になります。こんな感じ。 最近の展覧会は写真を撮ってもいいのですね!驚きました。周りの方がデジカメやスマホで撮っているのを見て、私も撮っていたら、他のお客様に「いけないと思いますよ」と注意されたのですが、係の方に伺ったら、フラッシュをたかなければいいそうです。内田繁さんの、竹を編ん...

春入千林 處々鶯

お茶のお稽古。この季節限定で、大炉という炉を切ることがあるそうです。寒い時期、大きな炉を切ることによって暖を取れるようにするのです。そして、大炉の際は必ず逆勝手になる。…というわけで、今日は普通の炉ですが、逆勝手のお稽古をしました。袱紗の扱い、歩き方、茶碗と茶入れの置き方…全てが逆です。「常の逆」と言われても、「常」ができていないと混乱します。お花はウグイスカズラ、初嵐、緑萼梅、常満寺、ふきのとう。...

コーヒーブレイク4

スタバ目黒店がすごいです。スタバ本社の下にあるので、特別感が満載。スターバックスリザーブの取り扱いはもちろん、プレスで淹れてもらうと、目黒店限定のマグでいただけます。しかも、香りを楽しむタイプと、コクを楽しむタイプのどちらかを選べます。こちらが香りを楽しむタイプ。飲み口が閉じています。(コクを楽しむタイプは開いています)カウンターに案内され、ブラックエプロンのスタッフが目の前でプレスしてくれます。コ...

トスカ

二期会オペラ公演「トスカ」が、上野の東京文化会館大ホールで開催されました。主演は大村博美さん。娘が夏にフランスで師事した方です。海外を中心に活動していらっしゃるだけに、表現力は突出していらっしゃいます。豊かな声量と繊細な表現力、清楚な雰囲気に魅了されアリアの「歌に生き恋に生き」では、自然と涙が流れてきました。トスカは悲しいお話ですが、また、強い愛のお話でもあります。美しいメロディは心に響きます。...

男のキモノ

ワシントンに転勤した友人が一時帰国。向こうでのパーティで着物を着たいというので、お手持ちの着物から一揃え選んで、実際に着てみるお手伝いをしてまいりました。ご夫婦揃っての着物。ご主人はお義父様の着物をお召しになります。笹島先生のところで事前に伺ってきたのですが、やはり袴をお召しになるのがベストとの事。お着付けの予習もしていきました。先生の「男のキモノ」を見ると、その全てがわかります。難しいと思ってい...

コーヒーブレイク3

スタバのコーヒーセミナーを受講しました。テーマは「おいしいいれ方」・コーヒーの木から豆が採れる様子・世界のコーヒーの産地と風味の特徴・ローストの違い(写真の左から、だんだん深煎りになっていく)・テイスティングの仕方・コーヒーの入れ方・味の比較(実際に試飲)・フードペアリング(シュガードーナツと合わせる)・ミルクやシロップを入れてみるざっとこんな内容でした。ブラックエプロンのスタッフが淹れてくれたコーヒー...

緑色

冷たい雨の中、染めてます。緑色は、草木染めではなかなか出しにくい。藍に黄色を重ねるのがいいのですが、藍を立てるのは至難の技。生葉染めでは堅牢度が落ちます。思うような濃い緑が出したかったので、化学染料を使いました。庭にちょうど蝋梅が咲いています。この枝で染めると黄緑色になるらしい。春色の着物を織る時に試してみよう。...

2月7日

昨年のこの日も、庭の梅は綺麗に咲いておりました。合掌...

猿若祭二月大歌舞伎 夜の部

まずは「門出二人桃太郎」5歳と3歳の兄弟が役者の名前をもらっての初舞台。テレビでドキュメンタリーを見ましたが、「終わりにしたい」と準備段階では大泣きしていても、、舞台に立てばキッチリ役をこなすのはさすが!誰もが笑顔になれる、素敵な舞台でした。大河ドラマなどでも子役の活躍が目立つ昨今。皆さん、どうやったらそんな風に素晴らしい子供に育つんでしょうね。「絵本太功記」はお休みタイム。「梅ごよみ」は菊之助の美...

立春

    「節分の 年を分けたす 今宵かな」  鈴木宗保先生がお描きになったお軸。(宗旦写し)歳の数の5分の一くらいのお豆をいただいて、今年の来福を祈りました。お福さんが鬼を上から押さえつけているイメージで飾られています。お稽古は台天目。...

Menu

プロフィール

lapislazuli

Author:lapislazuli
着物・染織・歌舞伎・音楽・茶道・美味しいもの・・・

最近の記事

月別アーカイブ

検索フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: