FC2ブログ

VERCICOLOR

色変わりする日々の備忘録

Archive [2017年03月 ] 記事一覧

卒業式

この春卒業なさるお嬢様のお着付けを。最近は圧倒的に袴をお召しになる方が多いのですが、振袖もチラホラ。確かに袴は卒業式でもないと着ることができないわけですが、せっかくお持ちの振袖。たくさん出番があるとうれしいですね。飾り帯があると、やはり華やか。これから出ていく社会に、ドーンと背中を押してあげる気持ちで結びました。...

お知らせ

染織教室の作品展のお知らせです。4/19(水)〜22(土) 銀座のサロン・ド・G において、吉田手織工房 横浜教室のメンバーによる作品展を開催します。前回の谷中から一年半。ますますパワーアップしたメンバーの力作を、是非ご高覧ください。私は着物と着尺を出す予定ですが、着尺は現在制作中。どこまでできるか?!21(金)以外は在廊予定ですので、よろしくお願い致します。...

清坐一味友

玉川居にて。「清坐一味友」(せいざいちみのとも) お花・広間 キブシ・貝母(バイモ)・初嵐・小間 ヒュウガミズキ・ヤブツバキ・小間 コゴメザクラ・秋の山お稽古は小間にてお濃茶。先生から、菊屋の利休ふやきを頂戴しました。利休の茶会記にも何度も登場したお菓子だそうです。3月は利休忌の月。利休さんを偲んでいただきます。ほのかな甘みが上品。...

三月大歌舞伎 夜の部

・引窓・けいせい浜真砂・助六今回の助六は河東節開曲300年記念公演とのこと。義理の曾祖母・山彦秀子が市川宗家と共演したらしいという話は以前もブログに書きましたが、ウチに残っていたこの写真の助六が誰なのか知りたくて、今回これを歌舞伎座に持参しました。ロビーにいらした希実子様に見ていただくと、「これは11代目ですね」と、即答をいただきました。そうなんだ!あの「花の海老様」と言われた11代目。今の海老蔵さんの...

三月大歌舞伎 昼の部

・明君行状記・義経千本桜 「渡海屋」「大物浦」・神楽諷雲井曲毬(どんつく)明君行状記は、梅玉さんと亀兄のやりとりで魅せるお芝居でしたが、しっかりとそれぞれの良さが際立っておりました。あっと驚くようなお裁きではなかったけれどね。笑渡海屋と大物浦は何度か見た中で一番良かったです。にざ様、時蔵さん、みっくん、猿弥さん。そして、どんつくは華やかで楽しい舞台でした。三津五郎さんの三回忌の追善。時の経つのは早...

コーヒーブレイク5

今日はスタバ奥沢店に。自由が丘のスイーツフォレストの近くです。ここはneighborhood and coffeeといって、地域の人に楽しんでもらう為のカフェ。まるで自分の家の居間のように寛ぐスペース。だからいつも混んでます。メニューも普通のスタバとは違います。なんとかフラペチーノなんて置いてません。代わりに、今日はここ限定のfoodをいただきます。 アーモンドクロワッサンに、ラズベリーとアイスクリームを添えたもの。3...

徒然棚

毎年この季節は釣釜を使います。写真に写った棚は徒然棚、又の名を業平棚といい、菱形なので、雛祭りの頃に使われます。水入れは丸く、雪洞をイメージ。こちらを使って、貴人清次の薄茶のお稽古をしました。偉い人とそのお付きの人に続けてお茶を点てて差し上げるお点前です。お軸のお雛様は京雛。立ち位置が関東とは逆ですね。 小間のお花は、ミツマタ・秋の山(椿)・トサミズキ・初嵐(椿)...

ひな祭り

「梅の花」で宴会。ちょうど今日から春のメニュー。題して「春美人」笑 お豆腐の桜色は紅麹の色。桜海老の餡かけが美味でした。他に焼物(鰆)、ご飯も。メンバーは、高校の同級生。一緒にこの2年間、同窓会の役員幹事を務めた仲間です。賑やかな事この上なし。...

Menu

プロフィール

lapislazuli

Author:lapislazuli
着物・染織・歌舞伎・音楽・茶道・美味しいもの・・・

最近の記事

月別アーカイブ

検索フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: