FC2ブログ

VERCICOLOR

one

ばらの騎士

二期会オペラ「ばらの騎士」@東京文化会館大ホール元帥夫人は自分の加齢を嘆いて、若い恋人の為に自ら身を引くが、今回の解釈は嘆きや哀愁が前面には出ていない。あくまでも理性的で成熟した魅力を持つ女性として描かれている。それを見事に森谷真理さんが表現してくれた。(彼女だったらまたすぐに新しい恋人をみつけるだろう。って、解説にも書いてあった。笑)若い恋人達の出会いの二重唱と、終幕の三重唱ではそれぞれのメロディ...

 0
one

七月大歌舞伎

通し狂言 駄右衛門花御所異聞(だえもんはなのごしょいぶん)海老蔵さん渾身の座長公演。「秋葉権現廻船語」を元にした復活狂言だそうですが、色々な演目のパロディがそこかしこ。前の国立の舞台やワンピースもそうだったですけれど、新作の定石なのかしら。映像を駆使した場面もあり。これからの歌舞伎はこうなっていくのかな?という懸念。つけ打ちとか、鳴り物で、効果を出すという伝統的手法があるのにねぇ。でも、意識が遠の...

 2
one

初盆

母の初盆でした。大した事はしませんでしたが、一応お迎え火を焚いて、提灯に灯をともしました。16日はお寺さんでの法要。今年は亡くなった方が多かったそうで、一軒一軒廻るのが大変なので、お寺に皆を集めてお経をあげてくださったという訳です。送ったばかりなのに迎えてまた送って…あー忙しい。笑が、これでひとまず一段落かな。...

 0
one

「夢」

お茶の稽古。お盆なので、掛物は「夢」。 お花は広間 ギボウシ、ヤハズススキ、ヤブラン、シュウメイギク、ムクゲ、ハス、ツリガネニンジン小間 ヤブミョウガ、ヒヨドリソウ、カワラナデシコ、ヒオウギ、イトススキお稽古は 唐物ちょうど祗園祭の真っ最中。菊水鉾で供される、亀廣永の「したたり」を差し入れ。昨年、大先生お宅で初めていただいたのが忘れられず。伊勢丹に行った時にちょうど入荷していたのを購入。盛...

 2
one

浦野理一の仕事

浦野理一さんが残した資料を、灯屋2さんが全て譲り受けられたとの事で、今回私達に公開してくださるイベントを開いてくださいました。本になっているもの、スクラップしてあるもの、未整理のもの、全て手にとって見ることができ、写真撮影もOKとの事。主に縞帳を中心にデジカメに収めてまいりました。途中で電池がなくなるというほどの量でした。ミセス、装苑などの雑誌掲載分、映画の衣装などの記録はもちろん、試作や草木染めの...

 0
one

銀座へ

四十九日も過ぎたのでお礼の品を選びに銀座へ。ここのところ猛暑日が続きます。梅雨はどうしたんでしょうね。品選びも、ついつい皆様の健康を考えた物になります。そのついでに、ちょっと着物を見に、某所に立ち寄りました。着ていった着物の帯の素材が知りたかったのです。お聞きしたところ、「アバカ」という植物繊維。よく「マニラ麻」と言われているようですが、麻ではないとの事。芭蕉の仲間だそうで、「糸芭蕉」とも言われて...

 2
one

7月の染織教室

母の代わりに庭の草むしりをしようとして、うっかり百合の株を抜いてしまうような私ですが、それでも綺麗に咲いてくれました。工房の庭も剪定し、ヤマモモやハナミズキの枝葉が出たので、教室の生徒さんに試し染めをしてもらったら…なかなか綺麗に染まりました。茗荷も少しだけ生えてきているので、もう少し経ったら収穫しよう。さて、7月は七夕。織姫達の宴を催しました。お客様が持ってきてくださったこれ、何だと思います?ズッ...

 0
one

猛暑

海外に暮らす友人が一時帰国したので、集まりました。場所は別の友人宅。スイーツは得意な友人が手作り。周囲を気にせず喋れるって楽しい!笑...

 0
one

同窓会

一昨年、昨年と務めた同窓会幹事。役目は終わったのですが、次期幹事さん方を労いに、同窓会総会に出席。昨年までは青山ダイヤモンドホールだったのが、今年からホテルグランドアーク半蔵門に。国立劇場の並びですが、行くのは初めて。といっても、総会のみの出席。懇親会の立食パーティはパスしたので、お食事は楽しめませんでした。代わりに、すぐ近くの東條会館へ。東條会館といえば、高校3年の時に、テーブルマナー教室で、皆...

 0
one

四十九日

母の四十九日の法要を執り行いました。実家の墓は門前仲町にある、臨済宗妙心寺派の陽岳寺にあります。法要の前に、住職さんに、新しいスタイルでいいですか?と聞かれました。なんでも、本から引用した言葉などによってお説教をしてくださる、オリジナルなスタイルらしいです。テーマは「あるがまま」うーん、昔ながらのやり方でいいんだけどな。その方が、難しいけどありがたみがありそうな気もする。でも言えないですよね、そん...

 2