2017.09.25

秀山祭 夜の部

逆櫓がものすごく良かったです。
途中から、まるで文楽を観ているような気分でした。
(褒めているつもり)
やはり時代物は良いですね。
外国のお客様が多かったですが、前半観て耐えきれなくなり、途中退出。
確かに言葉がわからないとね。
でも、後半立ち回りとかで見て楽しい舞台なのに、もったいない。

清玄桜姫、これから面白くなるかもと我慢して最後まで、、、
2017.09.24

お彼岸

墓参ついでにあれこれ見に行きました。

お墓が門前仲町なので、清澄白河のブルーボトルコーヒーで豆を購入。
20170925001857287.jpg

駅に向かう途中の深川八幡の傍の小磯象牙店を覗きながら
20170925001909057.jpg 201709250019129f0.jpg

日本橋でお寿司を食べて、
三越の日本伝統工芸展へ。
20170925002441750.jpg 201709250019125a6.jpg
同門の吉岡政江さんの作品が今年もありました〜。
ちょうどご本人もいらしてて、ご挨拶。

そこから銀座和光の「華やぎの陶ー7人の女性陶芸家による表現」展へ。
佐々木文代さんの作品に惹かれます。
前田正博さんの工房で作陶を教えてくださった、優しくおおらかな作家さんです。
201709250024374e5.png


お土産はコーヒー豆とクルミっ子!
201709250024440bc.jpg
2017.09.23

染め日和

dylonで小千谷縮を染めてみた。

201709231638599d2.jpg201709231638578f6.jpg

2017.09.20

うちなー料理

20170922201957fb5.jpg

友人とうちなー料理へ。
目指すは「てやん亭"」
若者が圧倒的に多い店内。通されたのは階段の途中みたいな部屋。
階段に座って食事?!笑

ゴーヤチャンプルーやテビチ、ジーマミー豆腐、ソーメンチャンプルー、などの定番メニューに加えて、
お店一押しの山芋揚げなどをいただく。
シークワーサーのドリンクも美味しゅうございました。
2017.09.18

西荻

2017092220195694d.jpg

西荻のアロマローストというカフェへ。
自家焙煎・無農薬というこだわりのコーヒーや、自家製のケーキやカレー、サンドイッチなどをいただけるお店。
そして、それだけでなく、展示販売コーナーでは様々な作家のオリジナル作品を販売している。
今回、友人が創作ジュエリーを出展。
皆で誘い合わせて陣中見舞いに行ったというわけ。
まあ陣中見舞いというよりも、お喋りしに行ったようなものですが。

美味しいものをいただきながら、楽しい時間を過ごさせていただきました。
2017.09.16

「清心」

20170916190001c7f.jpg

お茶のお稽古は重ね茶碗と続き薄。
平点前では初めてかも?
いや、ただ忘れているだけ?

広間の花は、ヤハズススキ、シュウメイギク、オミナエシ、ヤブミョウガ、アカバナオケラ、アオバナホトトギス
小間には酔芙蓉!
まだまだ白い。

20170916190004ce5.jpg
2017.09.13

秀山祭 昼の部

・毛谷村
・道行旅路嫁入
・幡随院長兵衛

2017.09.04

富山ガラス美術館

帰りがけ、富山駅前にあるガラス美術館へ。
隈研吾の設計。

IMG_9164.jpg


展示品もなかなか見応えあり。

IMG_9166.jpg


ランチは立山連邦を一望できる場所にて。
白海老は加熱しても白いまま。

IMG_9168.jpg
2017.09.04

おわらの付録

おわら風の盆を知ったのは、高橋治の小説「風の盆恋歌」から。
1986年にテレビドラマになったので、今回はそのロケ地も訪れました。

宮田旅館。
スタッフの宿泊に使われた老舗旅館。柴田理恵さんのご実家。
IMG_9057.jpg   

喫茶店「明日香」
ドラマの中に登場する喫茶店。ご主人は刀鍛冶なのだが、その事が小説にも書かれている。
 IMG_9059.jpg    

主人公たちが逢引する八尾の家。
持ち主の鍋田さんとお話しさせていただいた。
出演者の写真が飾ってあった。
IMG_9112.jpg
2017.09.04

おわら風の盆

長年の夢だった、越中八尾 おわら風の盆に行ってまいりました。

毎年9月の1,2,3日に行われる行事。
台風シーズンに、「風よ去れ、お天気に恵まれ五穀豊穣となりますように」と願う踊りだそうです。
ぼんぼりが灯る幻想的な街を歩いていると、突然三味線と胡弓の調べに出会います。
11の町でそれぞれ揃いの衣装を着た踊り手や地方(演奏者)が、町の中を流しているのです。
その流しを求めて、町中を夢中になって歩き回りました。

 IMG_9103.jpg
八尾は坂の町。禅寺の坂を登ったところに町があります。
IMG_9101.jpg
踊り手は25歳まで。深夜11時を過ぎると思い思いの浴衣を着たOG,OBが踊りだし、それぞれの町に分かれていた踊り手たちも好きな場所で踊ります。
見せる踊りから自分たちが楽しむ踊りへ。町の雰囲気もガラッと変わります。
IMG_9064.jpg 
日本の道百選に選ばれた諏訪町本通り。他の町の人たちも11時を過ぎるとここで踊りたくてやってきます。
おわらを見る為にここに家を買って毎年訪れる方がおられ、その2階を開放してくださいましたので、
2階の窓から流しがやってくるのを待っていました。
その後「花」といって、ご祝儀を出して踊り手を座敷に呼び、踊ってもらったのも見せてもらいました。

私が行ったのは最終日。
午前2時まで滞在しましたが、まだまだこれからという雰囲気。
名残を惜しんで明け方まで踊るそうです。

以下、撮影してきた動画です。

鏡町 女踊り
https://youtu.be/HV0z5fE0csI
下新町
https://youtu.be/vVtmRU93QII
西町
https://youtu.be/CgJGr8nZhhw
諏訪町本通りの流し もっとも人気で混む場所です
https://youtu.be/Rum15mukExg
鏡町 男女の踊り
https://youtu.be/C4Vii0_z8TM
お座敷での踊り(諏訪町)
https://youtu.be/Lepvg_SYmr0
2017.09.02

吾心似秋月


20170902145916863.jpg 20170902145917d6f.jpg

稽古は長板総荘り

広間の花 ヤハズススキ、シュウメイギク、ワレモコウ、タムラソウ、ヒヨドリソウ、水引、オミナエシ

小間の花 ヤブミョウガ、シュウカイドウ、アオバナホトトギス、キンミズヒキ、ミソハギ
プロフィール

lapislazuli

Author:lapislazuli
着物・染織・歌舞伎・音楽・茶道・美味しいもの・・・

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数: