2018.03.28

六義園でお花見ランチ

ママ友とお花見ランチ。
駒込のフレンチ、アンプティトゥールへ。
こじんまりしたお店で、本格的なフレンチ。
美味しくて食べるのに夢中で(もちろんお喋りにも夢中で)写真はありません。笑

2018040121255593c.jpeg


その後近くの六義園でお花見。
しだれ桜はすでに見ごろを過ぎて散り始め。
緑の葉も目立っていました。
桜はなくても立派なお庭には観光客がぞろぞろ。
池を一周してプチ旅行気分。

JR駒込駅の傍にある昔ながらの和菓子屋さん「中里」で、
揚最中とぶどう餅をお土産に。

まだ3月なのに、まるで5月のような陽気の中、久しぶりにのんびりできた一日でした。
2018.03.24

近所のイタリアン



近所にお気に入りのイタリアンが。
クラフトビールやイタリアワインが揃っており、店名には「ビッレリア・ルッポロ」と。
飲めない私が言うのもなんですが、珍しいイタリアのビールやワインがたくさんあって、どれも飲みたくなるようなものばかり。
20180401212825460.jpeg 20180401212824c07.jpeg


もちろんお料理もおいしくて、素朴な煮込み料理やソーセージ盛り合わせ、フリット、メインの肉料理、自家製パスタや自家製パン、デザート等、何度も通いたくなるようなメニューです。
201804012128026d1.jpeg 20180401212816ed8.jpeg 2018040121282247e.jpeg 20180401212826e4f.jpeg


極めつけはデザート酒。
またまた飲めない私が何を言うかですが、リモンチェッロをはじめとして、蒸留酒から作った自家製の強ーい、でも甘ーいお酒が何種類もあるのです。
レモン・ゆず・イチゴ・コーヒー・・・・あとなんだっけ?
それぞれミルク入りと無しと。
私、これ飲んでも不思議と酔いません。
デザートのチーズと一緒にちびちびやるのが本当に嬉しい。
20180401213228587.jpeg


そんなお店に友人を誘ったらとっても喜んでくれたのですが、翌日家族も行きたいと言って、二日続けて行ってしまいました。
この一ヶ月で3回も行ったわ~。

遠くからわざわざ来ていただいても十分満足できるお店ですが、近くにあって本当に良かった~。
2018.03.23

大学卒業式

娘の大学卒業式に列席。
来年度からは大学院に進学するので、卒業とはいってもまだまだ続きますが・・・

昨今の卒業式がこんなにも華やかだとは!
ほとんどの女子が袴姿。
一部振袖と黒いスーツ。
なかには個性を生かした装いも。
華やかな装いもさることながら、4年間の大学生活を終えて晴れて旅立つ喜びに、皆のはじけるような笑顔が素敵でした。

娘は私の友人からいただいた衣裳があり、それを着たいという事で、袴は着ませんでした。
卒業式には私の同級生の振袖。
帯は別の方からいただいた丸帯。
華やかな結びは避けて(というか無理なので)、シンプルにたて矢結び。
IMG_2985.jpg

夜の謝恩会には、いったん帰宅して訪問着に着替えて。
着物はまた別の同級生から。
帯は親戚のもの。
IMG_3002.jpg

大学では先生方を始め、友人・先輩等、多くの方のお力によってここまでくる事ができ、
さらには友人たちからの晴れ着で卒業に華を添える事ができ、
本当に色々な方々に支えられているのだと実感した一日でした。

実は謝恩会の途中で気分が悪くなり、途中退席。
迎えに行くと、担当の先生が一緒についていてくださいました。
お送りしがてら帰ったのですが、本当に最後までお世話になりっぱなし。
いえ、まだあと2年お世話になるのですが・・・
未熟な親子、どうぞこれからもよろしくお願い致します。
2018.03.19

歌舞伎座夜の部

・於染久松色読販
・神田祭
・滝の白糸

ニザ玉コンビの2作。
今まであまり見てこなかったコンビ。
何故?
食わず嫌い?
天邪鬼?
良いのにねぇ。笑

2018.03.18

お彼岸の墓参

娘と2人で実家の墓参り。

帰りに池袋に寄って、娘のドレス選び。
4月末の新人演奏会用。
母がいたら喜んで買ってあげていただろうな。
2018.03.17

今年度最後のお茶稽古

20180401205950ffd.jpeg

今期で長期休暇に入られる方がお2人。
熱心に頑張っていらしただけに残念。
お一人はウチに着付けを習いにも来てくださった。
着物の着方忘れないといいな。
お若いうちはやるべき事がたくさんありますものね。
お仕事などお忙しいでしょうが、ご自愛の上ご活躍をお祈りします。
2018.03.14

歌舞伎座 昼の部

・国性爺合戦
・男女道成寺
・芝浜

201804012050345b9.jpeg

道成寺が良かった。
松緑さんと並んでの踊りでその女性らしさが際立って、あら、この方こんなに上手かったかしら?
と、(失礼ながら)思うほど。
ほっそりしてお綺麗になられたし、良い追善公演でした。

芝浜は落語のように下げがないので、なんとなく後味にキレがない。
が、江戸っ子風味を楽しめば良い。
それを一人で演じ分けてしまう落語はやはりすごい。
2018.03.04

国立劇場

「梅雨小袖昔八丈 」
髪結新三 菊之助 初役


和史くん 初お役
2018.03.03

雛祭りの日にお茶稽古

20180303202709676.jpeg2018030320271458c.jpeg20180303202712bde.jpeg

ちょうど雛祭りの日に、お茶のお稽古が重なった。
しつらえはお雛様一色。
掛物は立ち雛。位置は京都式に左側がお雛様。
お花の菜の花は2/28の利休忌を過ぎたら飾る事ができる。
菱形の干菓子を乗せた高杯は、先生が骨董市で見つけられた蒔絵のもの。
香合は田原陶兵衞作・桃の香合。

小間の花はヒュウガミズキと紅白の初嵐。
20180303202715b0a.jpeg

お稽古は八千代棚での薄茶。
20180303202711fb8.jpeg
水指しが雪洞のよう。

主菓子は道明寺。
他に雛あられを先生がお持ち出しくださった。
豆源の青リンゴを混ぜて爽やかに。
プロフィール

lapislazuli

Author:lapislazuli
着物・染織・歌舞伎・音楽・茶道・美味しいもの・・・

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数: