プロフィール

lapislazuli

Author:lapislazuli
着物・染織・歌舞伎・音楽・茶道・美味しいもの・・・

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

検索フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

2018/02/14 Wed  23:43
文楽デビュー


人生初の人形浄瑠璃文楽鑑賞です。
国立劇場小劇場での
竹本綱太夫五十回忌追善
六代目 竹本織太夫襲名披露
第3部の「女殺油地獄」を観てきました。

歌舞伎では完全に脇役としてしか聞いていなかった太夫の語りが、ストレートに耳に入ってきます。
環境によってこんなに集中して聞くことができるのかと、驚き。
迫真の語りに思わず引き込まれます。

人形の動きは驚くほど精巧。
油で滑る様子などは、人間よりも激しく動きます。
(歌舞伎では笑いが起きてましたもんね)
でも、何故か遣い手さんの顔をついつい見てしまうワタクシ。

小道具とか、なんか可愛くって良いですね。
昔の人形遊びを思い出します。

凄惨な話でしたが、人形だから安心して見られるって部分もありますね。
最初に見る演目としては飽きずに眠らずに観ることができて良かったです。
そのうちどなたの何が…っていうのがわかるようになるといいんですけど。



20180214233851ae2.jpeg20180214233851b3c.jpeg20180214233848ea1.jpeg


何を着ていったらいいのかわからず。
追善だし、襲名だし、お若い太夫さんが急逝なさったし、演目は凄惨だし。
でも、世の中はヴァレンタインだし〜
で、無難に。
着物は暈しの無地とたとう紙に書いてありましたが、
地模様が付け下げのようについています。
ちゃんと縫い目で柄が繋がっていますよ!
色はピンクから薄い茶に暈してあります。
これは付け下げと言ってしまってもいいんでない?

帯はどの季節でもいいような、花文様が織り込まれている名古屋帯。

お友達のお母様からの頂き物です。

Comment

☆ NoTitle

祝・文楽デビュー♪
役者を観るなら歌舞伎、筋を追うなら文楽と思ってます。
歌舞伎は役者のやり易いよう変えたりしてますもんね。
今月の油地獄は玉男さんが与兵衛ですが
勘十郎さんだとニザさま写しでカッコいいですよ。

☆ Re: 香子さま

なるほど、歌舞伎役者の写しなんてのもあるんですね。
勘十郎さん、今回の第3部には出ていらっしゃらなかったですが、是非とも拝見したいです。
    
    管理者にだけ表示を許可する


親戚懇親会 ≪         HOME         ≫ 紅炉一点雪